*

「 キアヌ・リーブス 」 一覧

フィリップ・K・ディック『スキャナー・ダークリー』

近未来のアメリカを舞台にしたSF小説で、作者は「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」などのフィリップ・K・ディック。近未来といいつつ1990年代だが、執筆されたのは1970年代だった。

続きを見る

マトリックス レボリューションズ(2003年)

前作の終盤で「ザイオンの救済」か「トリニティの救済」かの二択を迫ったアーキテクト。ネオは迷うことなくトリニティ救済を選ぶが、その結果マトリックスとソースとの境界に飛ばされててしまう。モーフィア

続きを見る

マトリックス リローデッド(2003年)

人類最後の街ザイオンに、コンピューターがセンチネルと呼ばれる巨大なタコのようなロボットを送り込んで殲滅を図ろうとしているという情報が入る。残された時間は72時間。評議会は武力によって迎え撃つ方

続きを見る

マトリックス リビジテッド(2001年)

SF映画に革命をもたらした「マトリックス」。全3部作だが、第1作のメイキングが2時間オーバーの映像作品としてまとめられている。 トーマス/ネオのキアヌ・リーブス、モーフィアスのローレンス

続きを見る

マトリックス(1999年)

コンピューターと人間との戦いによって、世界は冷たく暗い闇のようになっていた。一見現実世界とされる世の中は、実はコンピューターが作り出したマトリックス(仮想世界)だった。今自分が生きている世界に

続きを見る

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑