*

「 フィリップ・K・ディック 」 一覧

フィリップ・K・ディック『ゴールデン・マン』

SF作家フィリップ・K・ディックの短篇集で、6本の物語から成っている。注目は、表題作の「ゴールデン・マン」と「小さな黒い箱」の2篇だ。 「ゴールデン・マン」は、映画「ネクスト」の原作。ワ

続きを見る

フィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』

戦争によって汚染されてしまった地球にて、人間は細々と生きながらえており、一方で火星への移住が進められていた。火星での作業用アンドロイドは外見は人間と区別がつかない精巧さだが、そのアンドロイドの

続きを見る

PKD(フィリップ・K・ディック酒場)

神田にある早川書房本社1階のカフェが、SF作家フィリップ・K・ディック仕様になっているとのことで、行ってきた。 フィリップ・K・ディックの作品は、いろいろ映画化されている。「トータルリコ

続きを見る

クローン(2001)

未来都市。優れた科学者のスペンサーは、医師のマヤと幸せに暮らしていた。あるとき、スペンサーは保安局責任者ハサウェイに突如捕らえられる。本物のスペンサーは既に殺されていて、死体をコピーし体内に爆

続きを見る

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑