*

「 映画 」 一覧

デンジャラス・デイズ メイキング・オブ・ブレードランナー(2007年)

公開時こそ興行的に目立った成果は得られなかったが、家庭用ビデオやケーブルテレビなどの普及にリンクしてその表現力が少しずつ浸透するようになり、こんにちでは傑作SFカルト映画として君臨している「ブ

続きを見る

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年)

1982年に公開された「ブレードランナー」は、興行的には惨敗。しかし、年を経るにつれその表現や世界観が浸透し、多くのクリエイターがフォロワーとなり、映画ファンSFファンの心を掴んだ。やがて、監

続きを見る

ブレードランナー(1982年)

2019年のロサンゼルス。地球の環境汚染から人類は宇宙に移住するようになり、宇宙開拓にはレプリカントという人造人間を従事させていた。あるとき数人のレプリカントが脱走し、密かに地球に帰還。リック

続きを見る

ブレードランナー2049(ネタバレ注意)

1982年に公開された「ブレードランナー」の、実に35年ぶりとなる続編が「ブレードランナー2049」だ。個人的に、劇中において時間軸が隔てられた続編のあるべき姿は、「継承」と「独自性」にあると

続きを見る

マトリックス レボリューションズ(2003年)

前作の終盤で「ザイオンの救済」か「トリニティの救済」かの二択を迫ったアーキテクト。ネオは迷うことなくトリニティ救済を選ぶが、その結果マトリックスとソースとの境界に飛ばされててしまう。モーフィア

続きを見る

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑