*

25回目のフジロック、25回目の参加

公開日: : 最終更新日:2022/07/27 Fuji Rock Festival'22

Dinosaur Jr.『Sweep In Into Space』

1997年の第1回フジロックフェスティバルは、会場が現在の苗場スキー場ではなく、山梨県の富士天神山スキー場だった。ステージはメインとセカンドのふたつで、メインステージは平地に設置され、オーディエンスは坂の傾斜から見下ろすようにライヴを観る具合だった。天候に恵まれていれば山頂には富士山が見え、オーディエンスは背に、アーティストは富士山を観ながら演奏する格好になっていた。

しかし、当日は台風が直撃して大混乱。それだけでなく、駐車券を持っていないのにクルマで来て路上駐車したり、雨対策をせず軽装だったり、ゴミが散乱したりと、参加者のマナーにも問題があった。結果、初日はなんとか開催したものの、2日目は中止を余儀なくされた。

2年目は東京で開催して成功を収め、翌1999年からは会場を苗場に移し、現在に至っている。富士山が見えない地での開催だがフジロックは名前を変えず、当時は「ナエロック」というあだ名もついていた。ただ、こんにちフジロックの呼び名は世の中に定着しているので、変えなかったことは正解だと思っている。

2020年はコロナ禍のため延期となり、昨年は東京オリンピック開催の関係もあって、従来の7月末ではなく、8月に開催された。海外アーティストの招聘はできず、国内アーティストのみの出演となった。コロナ禍真っ只中ということもあってか、さすがに参加者は少なかった。最もそれを実感したのは、全く並ばずにトイレを利用できたことだ。

というわけで、明日は苗場入り。楽しんできます。

関連記事

OAU@フジロック’22

OAU@フジロック’22

出演アーティストのキャンセル発生に伴い、急遽出演が決まったバンドだ。以前は「OVERGROU

記事を読む

SKYE@フジロック’22

SKYE(鈴木茂・小原礼・林立夫・松任谷正隆)@フジロック’22

定刻にメンバーが登場するが、それから自分たちでサウンドチェックするというマイペースぶり。そし

記事を読む

鈴木雅之@フジロック’22

鈴木雅之@フジロック’22

フェスでは、ヒット曲をたくさん持っているアーティストは最強だ。初日のオリジナル・ラブのときに

記事を読む

スネイル・メイル(Snail Mail)@フジロック’22

スネイル・メイル(Snail Mail)@フジロック’22

知ったきっかけは、Youtubeだった。レコメンドに頻繁に流れてくるようになり、そして調べた

記事を読む

フジロックフェスティバル’22(Fuji Rock Festival)出演アーティスト発表

ここ数年は、金曜日正午前に発表されるのが通例だった。しかし今年は、まず2日前に動画で前ふりが

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑