*

『イーノ入門──音楽を変革した非音楽家の頭脳』を読んだ

イーノ入門──音楽を変革した非音楽家の頭脳

京都で開催されるブライアン・イーノのインスタレーション展「BRIAN ENO AMBIENT KYOTO」にリンクするように、『イーノ入門』という書籍が出版された。

イーノのアルバムをほぼ時系列順に紹介する構成で、個人的には取っつきやすかったし、読みやすかった。作品自体の解説はもとより、その時期のイーノ自身の状況も補足されていた。

ロキシー・ミュージック脱退後最初にリリースしたアルバムは、正確にはロバート・フリップとのコラボレーション『No Pussyfooting』だが、ここではソロ1作目『Here Comes The Warm Jets』 から始めていて、それは正しいと思う。

アルバム解説の合間には、コラムが頻繁に掲載されている。ロバート・ワイアットやジョン・ケイル、、ジョン・ハッセルらコラボレーター。U2やコールドプレイ、ディーヴォ、『No New York』などのプロデュース活動。など、イーノの活動が多種多彩に渡っていることを改めて認識させられる。

女性アーティストとのコラボが少ないという指摘は、興味深い。一方で、インスタレーション展を不定期に実施しているにもかかわらず、映像をテーマにしたコラムが2ページに留まっていたのは残念だった。

ほとんどのイーノのアルバムは所有しているつもりでいたが、痛い見落としをしていたことに気づかされた。2014年に90年代のアルバムが再発されていて、そのニュースは目にしたことはあったが、リマスターくらいだろうと思いスルーしていた。しかし、『Nerve Net』にはお蔵入りになった『My Squchty Life』の音源がまるまる収録されたと、今更知った。現在はフィジカル盤の入手は困難だが、iTunesでは入手可能のようだ。

タイトルが『イーノ入門』とあるが、入門でこれだけの濃密な内容だと、ワタシはまだまだだなと思わされる。

関連記事

息子の部屋(2001年)

イタリア映画で、2001年カンヌ映画祭のパルムドール賞を受賞した作品『息子の部屋』を観た(日

記事を読む

レコードコレクターズ ブライアン・イーノ特集

物持ちがいい性分で(物を捨てられないとも言う)、狭い自宅を更に狭くしている状態だが、たまには

記事を読む

ブライアン・イーノ(Brian Eno)『14 Video Paintings』

ブライアン・イーノが80年代にVHSで発表したふたつの映像作品が、2005年に『14 Vid

記事を読む

ブライアン・イーノ(Brian Eno)のインスタレーション展「77 Million」@ラフォーレ原宿

ブライアン・イーノは、これまでにも不定期に音と映像のコラボレーション展示を断続的に行っていた

記事を読む

ブライアン・イーノ(Brian Eno)『77 Million Paintings』

ブライアン・イーノは2006年にラフォーレ原宿でインスタレーション展をおこなっていて、そこで

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑