*

ガンヘッド(1989年)

公開日: : 最終更新日:2022/06/14 SF

ガンヘッド

無人島のロボット建設工場を司るマザーコンピュータ「カイロン5」が、2025年に人類に宣戦布告。人類に勝利すると共に、自ら活動を停止した。その13年後、トレジャーハンターがカイロン5のチップを求めて島に上陸。しかしバイオドロイドの襲撃を受けてしまい、生き残ったのは日本人メカニックのブルックリンと、バイオドロイドを追ってきたニムだけになった。カイロン5が復活し、ブルックリンは、かつてカイロン5と戦った伝説のロボット「ガンヘッド」の残骸を発見。有人型に修復し、自ら乗り込んでカイロン5との戦いに挑む。

個人的には、よくわからなかった。画面が暗すぎて、またキャラクターの声も聞き取りにくくて、何をやっているのかわからないことが少なくなかった。ブ ルックリンは高嶋政宏が演じているのだが、トレジャーハンターのチームにはミッキー・カーチスや川平慈英、斉藤洋介などがいるのに、序盤であっさり死んでしまうという、信じられない展開。話が進めば進むほど、キャラクターが少なくなっていく。

がしかし、公開時こそ興業的に惨敗したものの、一部ではカルト的人気を誇っているらしい。アマゾンのレビューはそのほとんどが絶賛の声で埋め尽くされ、2013年2月には秋葉原でイベントが行われたそうだ。早すぎた作品として、どうやらここへきて再評価の機運が高まっているようだ。

制作は、『ガンダム』などのアニメを手掛けたサンライズと、『ゴジラ』などを手掛けた東宝がタッグによるもの。1989年作だから当然CG技術などない中、邦画にしてはガンヘッドをはじめとする兵器や近未来の建造物などをよく作ったなと思う。世界観は1984年の『ターミネーター』の向こうを張り、アニメの『太陽の牙ダグラム』や『装甲騎兵ボトムズ』を実写でやったらこうなるのかなと思わせてくれる。

関連記事

パッセンジャー

パッセンジャー(ネタバレあり)

地球から120年かけて他の惑星に移民するべく、宇宙船アヴァロンは航行。しかし、人工冬眠機器の

記事を読む

ディープ・インパクト(1998年)

高校生のリオは、天体観測中に新種の彗星を発見し、天文台のウルフ博士が計算した結果、彗星が地球

記事を読む

ゼロ・グラビティ(2013年)

スペースシャトルで船外活動をしていた、医療技師のライアン・ストーン博士。そこへ、ロシアが自国

記事を読む

爆裂都市 BURST CITY(1982年)

舞台は、自由や快楽、暴力が渦巻く都市。人気ロックバンド、バトル・ロッカーズとパンクバンドのマ

記事を読む

タイム(2011年)

近未来。遺伝子操作により長寿が可能になった人類は、25歳以降は労働により稼いだ時間を通貨とし

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑