*

『Pen+ 007完全読本』を読んだ

公開日: : 最終更新日:2021/10/13 007シリーズ ,

『Pen+ 007完全読本』

数回の延期を経て、ついに公開された『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ(以下NTTD)』。それにリンクするように、雑誌『Pen』で007特集号が刊行された。

冒頭は、最新作『NTTD』関連だ。ダニエル・クレイグはじめ主要俳優の紹介とインタビューなどで、定石のフリ定石だ。続いては、クレイグ版の4作を振り返り。以前の『007』は基本的に一話完結型だったが、クレイグ版はストーリーが直結しているからで、この構成は正しい。

以降は、シリーズを横断する形でジェームズ・ボンドを演じた俳優、謎の組織スペクター、ボンドカーをはじめとする兵器類、ボンドガール、印象的な悪役、主題歌などのテーマで区切り、シリーズを解説。シリーズ24作品および番外編2作品の概略も、もちろん解説されている。

権利関係がもつれた時期があったことも補足。劇中でショーン・コネリー時代に敵対していた組織スペクターが、クレイグ版の24作目に出せるようになったのは、整理がされたからだろう。日本公開時のパンフレットやポスターなどもあり、特にショーン・コネリー時のものは時代を感じさせる。

イアン・フレミングによる原作小説が、結構翻訳されていることを知った。個人的には映画が初見でその後さかのぼって原作を手にすることもあり、『007』についても、かなり先になるかもしれないが、もしできたらチャレンジしてみようかと。

関連記事

007 ドクター・ノオ(1962年)

ジャマイカで、英国情報機関MI6のストラングウェイと秘書が何者かに暗殺される。2人は、アメリ

記事を読む

007 消されたライセンス(1989年)

盟友であるCIAのフェリックス・ライターの結婚式に出向いたジェームズ・ボンド。そこへ麻薬王サ

記事を読む

007 ダイ・アナザー・デイ(2002年)

MI6のエージェント、ジェームズ・ボンドは北朝鮮に潜入。ダイヤモンドの商人になりすまし、武器

記事を読む

007 ゴールデンアイ(1995年)

ソ連崩壊前の化学工場に潜入していた、MI6のアレックとジェームズ・ボンド。アレックはソ連のウ

記事を読む

007 慰めの報酬(2008年)

ヴェネチアで金の入ったトランクを奪ったミスター・ホワイトを捕らえた、ジェームズ・ボンド。組織

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑