*

007 カジノ・ロワイヤル(1967年)

公開日: : 最終更新日:2021/10/09 007シリーズ ,

007/カジノ・ロワイヤル(1967年)

映画化された007シリーズは24本あり、10月から公開された『ノー・タイム・トゥ・ダイ』は25作目になる。これらは「正編」であり、このほかに「番外編」が2本ある。1本は、ショーン・コネリー主演で1983年に公開された『ネバーセイ・ネバーアゲイン』。そしてもう1本は、1967年に公開された『カジノ・ロワイヤル』だ。

引退し隠遁生活をおくっていた、ジェームズ・ボンド。そこへ各国の諜報機関の関係者が訪れ、多くのスパイが行方不明になっていることを告げ、ボンドに調査を依頼する。いったんは断ったが、ボンドの邸宅が爆破され、かつての上司Mが亡くなってしまったことから、引き受けることに。

スパイを抹殺していた組織はスメルシュと判明。幹部のル・シッフルは組織の金を横領していて、その穴埋めをするためにカジノ・ロワイヤルでのバカラでイカサマでの荒稼ぎを目論む。ボンドは、バカラのエキスパートであるイブリン・トレンブルをスカウトし、ル・シッフルに対抗する。

2006年に公開された「正編」とは、大きくかけ離れている。全編ナンセンスコメディーで、ドタバタ劇が何度も繰り返される。はっきり言えば、よほどの007マニアでもない限り観なくてもいい作品だ。個人的に唯一観ていない007作品だったが、なるほど、番外編にしても話題にならないはずだと、納得させられる。

楽しみがないわけではない。ボンドが歳をとった設定により、娘がいたり、MI6にはマネーペニーの娘やQの後継者がいたりしている。

そして、キャストが豪華だ。ボンドはデヴィッド・ニーヴン、トレンブルがピーター・セラーズ、ル・シッフルはオーソン・ウェルズ。トレンブルをスカウトする元エージェントが、なんとウルスラ・アンドレス。正編第1作『ドクター・ノオ』で、ボンドガールだった人だ。ウディ・アレンはちょい役かと思ったら、実は重要な役どころに。ジャン・ポール・ベルモンドの名前もあったが、終盤のドタバタ劇のときにちょこっと出ていただけだった。

関連記事

007 スペクター(2015年)

メキシコシティで開催中の祭の中、007ことジェームズ・ボンドはスキアラという男を襲い、最終的

記事を読む

007 ムーンレイカー(1979年)

アメリカからイギリスに空輸中のスペースシャトル「ムーンレイカー」が、何者かに強奪された。ジェ

記事を読む

007 黄金銃を持つ男(1974年)

MI6に、「007」と刻印された黄金の銃弾が届く。殺し屋スカラマンガによるジェームズ・ボンド

記事を読む

007 ネバーセイ・ネバーアゲイン(1983年)

引退してスパイ学校で講師をしていたジェームズ・ボンド。MI6のMにより、復帰とリハビリ、訓練

記事を読む

007 ドクター・ノオ(1962年)

ジャマイカで、英国情報機関MI6のストラングウェイと秘書が何者かに暗殺される。2人は、アメリ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑