*

フィフス・エレメント(1997年)

公開日: : 最終更新日:2021/10/02 リュック・ベッソン ,

フィフス・エレメント(1997年)

23世紀の未来。5000年に1度やってくるという生命体から地球を守るためには、4つの石(エレメント)と棺(フィフス・エレメント)が鍵になっている。軍を除隊していたコーベン・ダラスは、かつての上官からこの任を命ぜられ、不思議な女性リー・ルーと共に動き出す。

未来都市の風景は『ブレードランナー』の発展形を思わせ、好感が持てる。しかしストーリーの方は、地球を救うことをテーマに主人公たちが奔走するという、ストレートな展開。もうひとひねりあってもよかったかな。敵役であるゲイリー・オールドマンの怪演が相変わらずなのが救われるところで、その部下役を、なんとあのトリッキーが演じているのにはぶったまげた。

キャストは、コーベンにブルース・ウィリス。コーベンのキャラクターはどことなく寺沢武一のコブラに似ていて、ぼやきながらもやるときはやるという、『ダイ・ハード』のマクレーンともかぶるキャラは、この人にとってはうってつけだ。リー・ルーにミラ・ジョヴォヴィッチで、それまでモデルとして活動していた彼女にとって、女優として飛躍するきっかけになった役柄だと思う。しかしこのときのミラは体が細すぎで、体力もつのかと観ていて心配になってしまうほど。

監督のリュック・ベッソンが長年温めていた構想を実現した作品、という大層な触れ込みの割に、そこまでの密度も完成度も感じられず、幾多あるSF映画のひとつに留まっている感触だ。リー・ルーが話す言語は独自に考案したとのことだが、そこまでする必然性も感じられなかった。

この人の代表作『レオン』は、もともと『フィフス・エレメント』の制作費を捻出するために作ったと言われていて、結果的にその願いは叶ったことになるが、作品としての評判は『レオン』の方がはるかに上回っている。ワタシもそう思う。

関連記事

ダニー・ザ・ドッグ(2005年)

青年ダニーは悪徳取立て屋の用心棒で、格闘技に長けた殺人マシーン。だが人としての感情を持たず、

記事を読む

ロックアウト(2012年)

2079年。捜査官スノーは、同僚殺しの汚名を着せられて逮捕拘束される。一方、大統領の娘エミリ

記事を読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(ネタバレあり)

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(ネタバレあり)

西暦2740年。連邦捜査官のヴァレリアンとその相棒ローレリーヌは、ブラックマーケットで取引さ

記事を読む

パリより愛をこめて(2010年)

パリの大使館で働くリースは、捜査官としての任務を命ぜられ、敏腕捜査官ワックスとチームを組んで

記事を読む

アルティメット(2004年)

2010年。荒廃したパリの危険地区は、ギャングが街を牛耳っていた。青年レイトは街からドラッグ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑