*

ザ・フー(The Who)『Who’s Better, Who’s Best (DVD)』

公開日: : 最終更新日:2021/09/06 The Who

ザ・フー(The Who)『Who's Better, Who's Best (DVD)』

ザ・フーのPV集『Who’s Better, Who’s Best』を観た。1983年に解散し、以降は断続的に再結成しているものの、主な活動時期は60年代から70年代で、PVといってもテレビ番組出演ものだったり、ウッドストックやドキュメンタリー映画『キッズ・アー・オールライト/The Kids Are Alright』からの引用だったりしている(それでも『Won’t Get Fooled Again』でのピートの力の入りようや演奏後にキースに抱きつくシーンにはぐっとくるものがあるが)。しかし、個人的に観たことのない映像もあったので、それなりに結構楽しめた。

冒頭の『My Generation』はテレビ番組での演奏シーンだが、まずここで早くもやってくれている。終盤、ピートはギターの弦をマイクスタンドにこすりつけて弾きまくっているのだ。『Happy Jack』はメンバー4人が盗みに入り、それがいつのまにかパイを顔にぶつけ合うというストーリー仕立てになっていて、単なる演奏シーンのPVではない、ストーリー性を持ったPVのはしりと言えるかもしれない。収録曲の大半は初期に集中していて、コンセプチュアルに走っていた中期においては、個々の曲を売り出すということをあまり考えていなかったのかな?

この映像作品は、もともとVHSとしてリリースされていたものだ。それが2006年にDVDリリースされたのだが、それに際し映像はリマスター化されて画質は向上。そして、3曲のボーナスPVも付与されている。この3曲はいずれも80年代のもので、つまりドラマーはキース・ムーンではなくケニー・ジョーンズ。バンドとしては、70年代にやり尽してしまった感があって、80年代はなんとか時代に適応しようと苦闘してはいるものの、それが空回りに終わってしまっていて、ここでのPVもそれが記録されているようでいて、観る側のマニア度を試されているような気がする。

関連記事

ザ・フーの2枚組大作ロックオペラを映像化したミュージカル映画『トミー(Tommy)』

戦争で亡くなったと思われていた父が帰還し、母の新しい恋人に殺される。その現場を観てしまった息

記事を読む

ザ・フーのジョン・エントウィッスルさん(John Entwistle)死去

ザ・フーのベーシスト、ジョン・エントウィッスルさんが亡くなった。57歳だった。 フーは

記事を読む

ザ・フー(The Who)『Classic Albums : Who’s Next』

ロックの名盤アルバムが如何にして誕生したかを検証するドキュメンタリー、クラシック・アルバムズ

記事を読む

キッズ・アー・オールライト ディレクターズ・カット完全版

ザ・フーのドキュメンタリー映像『キッズ・アー・オールライト』の完全版DVDを観た。ワタシはも

記事を読む

ランバート・アンド・スタンプ

ランバート・アンド・スタンプ(ネタバレあり)

1960年代前半のロンドン。映画の助監督をしていたキット・ランバートとクリス・スタンプは、自

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑