*

装甲騎兵ボトムズ クエント

公開日: : 装甲騎兵ボトムズ

装甲騎兵ボトムズ DVD-BOX3

1983年から1年間放送された、『装甲騎兵ボトムズ』。放送終了後もOVAが多数制作される、熱狂的なファンを持つリアルロボットもの作品だ。テレビシリーズは全52話で、4つのフェーズから成り立っている。フェーズ毎に総集編としてOVAが制作されていて、『ウド』『クメン』『サンサ』を経て、ついに決着となる『クエント』編を観た。

『サンサ』編のラストで、自身がパーフェクトソルジャーであることを認識せざるをえなくなったキリコ。ロッチナに促されてクエント星に向かい、クメン内乱時の戦友でクエント人のル・シャッコを頼る。クエントには高度な文明があるとされていたが、クエント人は文明を放棄して暮らしていた。

キリコ、フィアナ、ロッチナは秘密結社の宇宙戦艦に確保され、艦はキリィの指揮のもと「神」と呼ばれる存在のワイズマンに謁見。しかし、直接の対話を許されたのはキリコだけで、キリィは用済みとして処刑されてしまう。キリコはワイズマンから後継者に指名され、ギルガメスとバララントの双方に狙われながら、クエント星地下深くにいるとされるワイズマンのもとへ向かう。

ギルガメスのいち兵士だったはずのキリコが、改造を受けていないパーフェクトソルジャーとわかっただけでなく、ワイズマンの後継者としてアストラギウス銀河を支配する存在に!?という、『ウド』編のときからは考えられなかった壮大な物語になった。秘密結社が動いていたのはワイズマンの意思によることも明らかになり、すべてはキリコのために仕組まれていた。驚きの展開だが、『ガンダム』『イデオン』とも異なるスケール感に、個人的には魅了された。

OVAとしてのテレビシリーズからの編集の出来だが、『ウド』『クメン』はひどかったが、『サンサ』で持ち直し、本作もまずまず。編集の軸をクエント星よりもワイズマンの方に置いたのは、正しかったと思う。宇宙戦艦でワイズマンに謁見する際の人工小惑星や、そこに至るまでのモノリスのような障壁のシーンは、今見てもぞくぞくする。クライマックスのシーンは、『2001年宇宙の旅』をモデルにしているようだ。それにしても、人間を越えた神(のような存在)をアニメで描いたのは、当時でも今でも稀有ではないかと思う。

オープニングとエンディングの映像は、『サンサ』編と同じだった。

OVAでは、この後の話も2編発表されている。これらも、いつかは観てみようと思う。

関連記事

装甲騎兵ボトムズ レッドショルダードキュメント 野望のルーツ

転属命令により、惑星オドンに送られたキリコ・キュービィー。そこで模擬戦闘を強要されるが、その

記事を読む

装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ

レッドショルダー部隊創設者のヨラン・ペールゼンは、行き過ぎた残虐行為の数々を暴かれ、軍事法廷

記事を読む

装甲騎兵ボトムズ(テレビシリーズ)

アストラギウス銀河を二分するふたつの星系、ギルガメスとバララントは、100年に渡り戦争を繰り

記事を読む

ロマンアルバム・エクストラ 63 装甲騎兵ボトムズ

1983年から1年間放送されたアニメ『装甲騎兵ボトムズ』。放送終了後に徳間書店からムック本が

記事を読む

実物大スコープドッグ

実物大スコープドッグ(装甲騎兵ボトムズ)を観に行ってきた

東京都稲城市のJR稲城長沼駅前に、『装甲騎兵ボトムズ』の主人公キリコ・キュービィが搭乗するAT(アー

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑