*

装甲騎兵ボトムズ ウド

装甲騎兵ボトムズ DVD-BOX3

1983年から1年間放送された、『装甲騎兵ボトムズ』。放送終了後もOVAが多数制作される、熱狂的なファンを持つリアルロボットもの作品だ。テレビシリーズは全52話で、4つのフェーズから成り立っている。このフェーズ毎に総集編としてOVAが制作されていて、最初のフェーズになる『ウド』編を観た。

アストラギウス銀河における、ギルガメスとバララントによる100年戦争の末期。ギルガメス軍のキリコ・キュービィは、目的不明の作戦に参加させられた挙げ句、軍から狙われる。惑星メルキアのウドの街に流れ着いたキリコは、ゴウトやバニラ、ココナと知り合う。

ゴウトたちは高額で取引されるヂヂリウムを強奪して治安警察に売り付け、キリコは治安警察に近づくことが、謎の作戦で見た「素体」に接触する近道になると考える。やがてキリコは、ゴウトたちに自身がレッドショルダーに所属していたことを明かす。

1クール分の話を1時間弱に収めるのだが、必要なシーンが除外され、必ずしも必要とは思えないシーンが組み込まれている。第2話部分の、暴走族に捕らえられてヂヂリウムを掘らされるエピソードとか、全カットでよかったのではと思う。キリコがゴウトたちと知り合うところは描かれているが、「素体」ことフィアナと対峙するシーンが極端に少なくなってしまっている。秘密結社についても、もっと描写してよかったのではと思う。

ウドの街並みは『ブレードランナー』のロサンゼルスを彷彿とさせ、制作側もモデルにしていることを認めている。科学技術の発展によって構築された建造物の街並みや、酸の雨が降る淀んだ気候など、退廃的な雰囲気は個人的に気に入っている。

オープニングとエンディングが、アニメではなくプラモデルによるジオラマになっていた。ガンプラほどではないにせよ、モデラーにとって、ボトムズは魅力的なアイテムに成り得ているようだ。

関連記事

装甲騎兵ボトムズ(テレビシリーズ)

アストラギウス銀河を二分するふたつの星系、ギルガメスとバララントは、100年に渡り戦争を繰り

記事を読む

装甲騎兵ボトムズ ザ・ラスト・レッドショルダー

『装甲騎兵ボトムズ』は、1983年から1年間放送され、その後OVAがいくつも作られている。『

記事を読む

ロマンアルバム・エクストラ 63 装甲騎兵ボトムズ

1983年から1年間放送されたアニメ『装甲騎兵ボトムズ』。放送終了後に徳間書店からムック本が

記事を読む

実物大スコープドッグ

実物大スコープドッグ(装甲騎兵ボトムズ)を観に行ってきた

東京都稲城市のJR稲城長沼駅前に、『装甲騎兵ボトムズ』の主人公キリコ・キュービィが搭乗するAT(アー

記事を読む

装甲騎兵ボトムズ@BSアニメ夜話

NHK-BS2で不定期に放送されている、BSアニメ夜話。名作から知る人ぞ知る作品まで、さまざ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑