*

三大ギタリストが夢の競演『アームズ・コンサート』

三大ギタリストが夢の競演『アームズ・コンサート』

元フェイセズのロニー・レインは、多発性脳脊髄硬化症という難病に冒されていた。同じ難病で苦しむ人のためにと、チャリティーコンサート「ARMS」を開くべく、友人のアーティストたちに呼びかけた。そして1983年の秋、信じられない豪華な顔ぶれが、ロイヤル・アルバート・ホールに揃った。この映像が2004年にDVD化された際、迷わず購入した。

注目は、なんと言ってもエリック・クラプトン、、ジミー・ペイジのヤードバーズ出身の3人のギタリストが集まったことだ。他にもスティーヴ・ウィンウッド、チャーリー・ワッツ、ビル・ワイマン、といったロック界の重鎮から、クラプトンのバンドメンバーとしても活躍していたアンディ・フェアウェザー・ロウ、ルー・リードのバンドメンバーでもあったフェルナルド・ゾーンダース、ザ・フーのドラマーを務めたこともあるケニー・ジョーンズなどが、脇を固めている。

観てまず感じたのが、結構画面が暗いなということ。しかし豪華ラインナップによる名演は、そうした不満を補って余りある。特にジェフ・ベックは、この映像が出たときはオフィシャルな映像作品がなかっただけに、非常に貴重だと言える。ジミー・ペイジとスティーヴ・ウィンウッドの、両雄が並び立つのも壮観だ。極めつけは、そのペイジによるインストの『Stairway To Heaven』、及びオールスターキャストでの『Layla』。実際の演奏シーンもさることながら、冒頭のリハーサルシーンにも思わず目が釘付けになってしまう。

ワタシはこの映像を何度か観ているが、DVDを入手する前は学生時代にレンタルしてきて観た。では初回はというと、84年辺りに『ベストヒットUSA』のタイムマシーンというコーナーで、『Layla』が取り上げられたのを観たときだ。今では日本でも不朽の名曲として認知されているこの曲だが、よくよく考えてみると、ワタシが初めて聴いたのは、恐らくこのときだったと思う。

関連記事

エリック・クラプトンー12小節の人生ー(ネタバレあり)

エリック・クラプトンー12小節の人生ー(ネタバレあり)

エリック・クラプトンのドキュメンタリー映画を観てきた。冒頭が2015年のB.B.キングへの追

記事を読む

ジャック・ブルース(Jack Bruce)さん死去

ベーシスト、ジャック・ブルースさんが25日に亡くなった。71歳だった。 ジャズやクラシ

記事を読む

パティ・ボイド写真展

パティ・ボイド写真展に行ってきた

都内2箇所でパティ・ボイドの写真展が行われており、はしごしてきた。 パティ・ボイドはジ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑