*

ブラック・ジャックスペシャル -命をめぐる4つの奇跡-

公開日: : 最終更新日:2021/02/10 手塚治虫

ブラック・ジャックスペシャル -命をめぐる4つの奇跡-

手塚治虫の代表作のひとつ、ブラック・ジャック。無免許医でありながらその技術は天才的で、世界中にその名を轟かす。しかし、相手によっては法外な手術料を請求するなどアクが強く、聖人君子には収まっていない。

加山雄三や本木雅弘らが主演した実写版があり、アニメ版は90年代にOVAとして制作されている。21世紀に入り、2003年12月にテレビで2時間スペシャルが放送されたことがあった。話は原作から4話が選ばれ、それぞれにしんみりさせてくれたり、考えさせてくれたりした。

Karte:1 医者はどこだ!
Karte:2 勘当息子
Karte:3 U-18は知っていた
Karte:4 ときには真珠のように

Karte:1は原作の第1話、Karte:4は作品を代表するエピソードだ。テレビアニメという都合もあるのか、原作にはないシーンも随所に挿入。なにせ、冒頭は少年時代のブラックジャックと母親が不発弾の爆発に巻き込まれるシーンで、これは原作では回想として断片的にしか描かれてこなかった箇所だ。監督は故手塚の息子であり、ビジュアリストとして活躍中の手塚眞。劇中手塚治虫(らしき人?)が喫茶店で漫画を書いているシーンがあるのだが、その声を演じているのも手塚眞だった。テーマ曲を手がけるB’zの曲も随所で流れ、原作のイメージを損なわずに、かつ新しい感覚で表現しているように見えた。

OVAのときはかなり洗練された絵柄で、ブラックジャックもダンディーな人になっていた。しかし今回のアニメ版は、原作を彷彿とさせる絵になっていて、親しみが持てた。

関連記事

週刊手塚治虫

NHK-BS2にて、2月から断続的に手塚治虫の特番が放送されていて、ワタシも観ていた。それが

記事を読む

手塚治虫・現代への問いかけ-ヒーロー ブラック・ジャックからの問いかけ

NHK-BSで4日連続で放送される手塚治虫の特番、3日目はブラック・ジャックを軸にされていた

記事を読む

MW-ムウ- 第0章-悪魔のゲーム-

手塚治虫原作の社会派作品『MW』が、2009年に実写版映画として公開された。公開日の少し前、

記事を読む

手塚治虫 漫画 音楽 そして人生

今年は手塚治虫生誕80年にあたるそうで、NHKでは1年間に渡り断続的に特集を組むそうだ。プレ

記事を読む

私のこだわり人物伝 談志が語る手塚治虫

NHK教育テレビで『知るを楽しむ 私のこだわり人物伝』という番組があり、落語家の立川談志が手

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑