*

「長岡秀星回顧展 SPACE FANTASY -透明な宇宙を求めて」に行ってきた

公開日: : アート展

長岡秀星回顧展

イラストレーター・画家の長岡秀星の回顧展が代官山ヒルサイドフォーラム(蔦屋書店の少し手前にあり)で開催されており、観に行ってきた。

長岡は海外を拠点とし、手がけた作品は世界的に評価されている。展示物は科学雑誌の表紙などで、表現されているのは宇宙的・未来的なものが多い。1985年のつくば万博の作品もあった。ほとんどが、アクリル絵の具を使って描かれていた。時代的にはパソコンのインフラが揃う前と思われ、つまり手書きだ。なのに、まるで機械のように細部まで緻密に描かれている。

長岡秀星回顧展

宇宙的・未来的な表現は、NASAなどの宇宙開発にインスパイアされたのかもしれないが、ご本人のイマジネーションに依るところも大きかったようだ。発想力と、それをビジュアルにできる画力は日本人離れしていて、だからこそ海を越え、それも今から30年40年も前に伝わっているのだろう。

長岡秀星回顧展

長岡は、洋楽アーティストのアルバムジャケットも数多く手掛けている。代表的なのがアース・ウインド&ファイアーで、『太陽神』『黙示録』を筆頭に、このバンドのキャリアのピークとなる作品のジャケットは、この人の手によるものだ。長岡の表現世界を、モーリス・ホワイトが気に入ってのことだろう。実際、展示ではアース関連のアートが最も充実していた。アース以外では、カーペンターズ『Now And Then』、ELO『Out Of The Blue』、ディープ・パープル『パープル・ロール』などを手掛けているとのことだ。

アース・ウインド&ファイアー

個人的に、長岡を知ったのは、80年代前半の(この展示にはなかったが)映画「銀河鉄道999」のポスターと、テレビでドキュメンタリー「喜太郎&秀星」を観たことがきっかけだった。時間軸的には、ワタシが洋楽を聴きはじめるよりも前になる。アースのジャケットを手掛けていると知ったのは、もっと後になってからだ。

この展示は、12月27日(日)まで開催されています。全展示品撮影OKです。

関連記事

バベルの塔展

ブリューゲル「バベルの塔」展に行ってきた

上野の東京都美術館で開催されている、ブリューゲル「バベルの塔」展に行ってきた。 順路は

記事を読む

国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話

「国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話」に行ってきた

両国の江戸東京博物館で開催されている、古代エジプト展を観に行ってきた。 展示は古代エジ

記事を読む

大英自然史博物館展

大英自然史博物館展に行ってきた

上野の国立科学博物館で開催されている、大英自然史博物館展を観に行ってきた。名前が若干紛らわし

記事を読む

It’s a Sony展に行ってきた

銀座のソニービルが3月31日をもって閉鎖され、解体される。ソニー製品のプロモーションとして5

記事を読む

草間彌生展「わが永遠の魂」

草間彌生展「わが永遠の魂」に行ってきた

ゴールデンウィーク後半初日の5月3日、朝イチで国立新美術館に行ってきた。9時15分頃に着き、

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑