*

それから(1985年)

公開日: : 最終更新日:2020/11/20 松田優作 ,

それから(1985年)

明治後期。長井代助は大学を出ても仕事につかず、親の資金によって優雅に暮らしていた。あるとき、大学時代の同期の平岡、そしてその妻三千代と再会。三千代は2人と同期だった菅沼の妹で、菅沼はチフスで亡くなっていた。

代助と三千代はかつては互いに惹かれあっていたが、代助は自分よりも平岡と結婚する方が彼女にとって幸せと考え、自ら身を引いていた。しかし、2人はやがて平岡のいないところで何度も会うようになる。そして、三千代は心臓を病んでいた。

三千代と平岡を結びつけたのは、他ならぬ代助だった。しかし4年の月日が経って、代助はそれがまちがいだったことに気づく。そして、2人のことを平岡も感づいている(4年前は気づいていなかったと思う)。三千代は、終盤で代助への復讐のために平岡と一緒になったことを告げる。淡々とした空気ながら、出口の見えない閉塞感が漂い、観ていて胸が締め付けられる。

夏目漱石原作の小説を、森田芳光監督で映画化した作品だ。おおむね原作に沿ってはいるが、原作の方が金の貸し借りなどがより生々しく、物語の進行も複雑になっている。映画は、わかりやすく伝えるためにシンプルにしたのだと思う。

キャストは、代助を松田優作、三千代を藤谷美和子、平岡を小林薫、菅沼を風間杜夫、代助の兄を中村嘉葎雄、その妻梅子を草笛光子、父を笠智衆、代助の知人(同期だったかな)をイッセー尾形、代助の自宅に住み込む書生を羽賀研二、従妹を森尾由美、代助の見合い相手を美保純と、見直してみるとかなり豪華だ。

声が大きく直情的な、そしてある意味被害者でもある平岡の方が、代助よりも見ていてわかりやすい。小林薫は、平岡の役で日本アカデミー助演男優賞を受賞している。あまり感情を表に出さない代助は、どちらかといえば損な役回りで、共感もされにくい。しかしリドリー・スコットは、「ブラック・レイン」のオーディションの際に、この作品での松田優作の演技を気に入ったというエピソードもある。

関連記事

松田優作(1)

このブログをいつまで続けるかはわからないけど、必ず書いておきたい人というのがいた。明日11月

記事を読む

嵐が丘(1988年)

エミリー・ブロンテが書いた小説で、何度も映画化され、舞台化もされている作品。吉田喜重監督によ

記事を読む

人間の証明(1977年)

赤坂の高層ビルエレベーターの中で、ナイフで胸を刺された黒人青年が倒れ、まもなく死亡。殺人事件

記事を読む

SOUL RED 松田優作(2009年)

松田優作のドキュメンタリー映画「SOUL RED」を観た。 優作が出演した作品やテレビ

記事を読む

ひとごろし(1976年)

剣豪の仇討ちを名乗り出た武士の六兵衛は、実は臆病者で剣もまともに使えない、町の笑い者である。

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑