*

野獣死すべし(1980年)

公開日: : 松田優作

野獣死すべし(1980年)

刑事から拳銃を奪って殺害し、更に闇カジノを襲撃した伊達邦彦。かつては戦場カメラマンとして戦地に赴き、帰国後はフリーの翻訳家として働いていた。趣味はクラシック鑑賞。しかし日常には満たされず、今度は銀行強盗を計画する。

レストランでウエイターをしていた真田を、自分と同類と見て誘い、銃の扱いを覚えさせる。そして、いよいよ銀行襲撃を決行。しかし、クラシックコンサートで知り合い、伊達に好意を寄せていた令子が、客としてその場に居合わせてしまう。伊達は何の躊躇もなく令子を射殺し、警官の防衛線を難なく突破。しかし刑事の柏木が、執拗に伊達を追いかける。

キャストは、伊達を松田優作、真田を鹿賀丈史、令子を小林麻美、柏木を室田日出男、闇カジノの元締めを安岡力也、銃の売人を佐藤慶、真田の恋人を根岸季衣。泉谷しげるや風間杜夫も、少し出演している。

この作品がこんにち語られるのは、2つの点によると思う。ひとつめは、松田優作の怪演だ。役作りのために奥歯を4本抜き、体重を10キロおとし、不気味で病的な主人公を作り上げた。室田演じる柏木と対峙する場面では、イッた目で数分間まばたきをせず、リップ・ヴァン・ウインクルの話をしながらロシアンルーレットで追い詰めていく。

そしてその役作りにより、大藪春彦の原作とは大きくかけ離れてしまう。原作の伊達は肉体派で行動力に長け、作風ももろにハードボイルド。これが江戸川乱歩に激賞され、大藪は文壇デビューを果たす。伊達邦彦は大藪作品の中でも突出したキャラクターで、作品はシリーズ化されている。ワタシも、いくつかは読んでいる。大藪はこの映画を観て抗議し、自分の小説とは別物と言い切っているそうだ。

もうひとつは、難解なラストだ。クラシックコンサートで、いつの間にか眠ってしまった伊達。気がつくと場内には誰もおらず、伊達ひとりだけになっていた。会場を後にした伊達は何者かに撃たれ、のたうち回るシーンにエンディングクレジットが重なる。

今もって公式な補足がないため、観る側によってさまざまな解釈がされている。個人的には、現実とも夢ともつかないファンタジーの世界だと思っている。大金をせしめ、直接関わった人はすべて殺害して、自分だけがのうのうと生き永らえることは許されないよという、メッセージが込められているのではないだろうか。

関連記事

狼の紋章(1973年)

博徳学園の教師青鹿晶子は、夜道で少年がチンピラに刺されるのを目撃してしまう。その翌日、自分が

記事を読む

越境者 松田優作

2008年に出版された、「越境者 松田優作」を読んだ。今までにも松田優作に関する本は読んだし

記事を読む

嵐が丘(1988年)

エミリー・ブロンテが書いた小説で、何度も映画化され、舞台化もされている作品。吉田喜重監督によ

記事を読む

松田優作(2)

今日は三鷹の法専寺というお寺で、松田優作の13回忌法要が行われたようだ。12年前の告別式は同

記事を読む

あばよダチ公(1974年)

刑期を終えて出所した猛夫は仲間の梅、雅、竜とつるむが、キャバレーで無銭飲食してひと騒ぎして留

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑