*

「zk/頭脳警察50 未来への鼓動」トークショー「ハマからのブロパガンダ」

公開日: : 最終更新日:2020/09/24 頭脳警察/PANTA ,

「zk/頭脳警察50 未来への鼓動」トークショー「ハマからのブロパガンダ」

頭脳警察のドキュメンタリー「zk/頭脳警察50 未来への鼓動」は、横浜のミニシアター「ジャック&ベティ」に観に行っていた。上映後に「ハマからのブロパガンダ」と題されたトークショーが行われ、末永賢監督とPANTAが登壇した。

監督によると、このドキュメンタリーのはじまりは、2018年に赤レンガ倉庫でおこなわれたセカンドアルバム全曲演奏ライブだそう。以降頭脳警察に密着し続け、なんとか100分に収めたとのこと。クリミアへの遠征は、万が一を考えて家族親類へのメッセージをスタッフに託したが、幸い無事帰国できて、自分で処分することができたと語っていた。

PANTAの方は、今年コロナ禍でアーティストは活動を大きく制限され、予定していた還暦記念ライブができなくなった友人を知る中、自分たちは50周年プロジェクトを無事に終えられてほんとうにラッキーだったと、しみじみ語っていた。

新曲『絶景かな』に際しては、自身が20歳の頃に感じていたことをまじえたエピソードを語ってくれた。ルイ・アームストロングがベトナムに出征する若い兵士に対して『What A Wonderful World』を歌ったが、生きて帰れる可能性の少ない若者に向かって歌う歌としては違和感があったとのこと。それが、コロナ禍に見舞われた世の中に発する歌として書いて歌ったときに、『What A ~』の歌詞の意味にはアナザーサイドがあったことに気づいたのと同時に、『絶景かな』は自分にとっての『What A ~』なのだと気づき、感動したと言っていた。

この日の上映には、陽炎としてPANTAのソロ活動に帯同し、赤レンガ倉庫ライブ時のメンバーでもあった菊池琢巳とドラマーの cherryもいた(ふつうに客として観に来ていたのかな)。最後になると2人も前の方に姿を見せて、4人が横並びに。トークショーは撮影OK、ぜひネットで拡散してほしいとのことだ。

関連記事

『パンタとレイニンの反戦放浪記』を読んだ

頭脳警察のパンタ(PANTA)、ジャーナリストの椎名レイニンの2人が、2003年2月にイラク

記事を読む

PANTA自伝 1 歴史からとびだせ

1989年に刊行され、絶版になっていたPANTAの自伝が、21世紀になって加筆された形で復活

記事を読む

頭脳警察『Live Document 1972-1975』

頭脳警察が2004年にリリースした、ライブボックスを聴いた。CD7枚組プラスDVDという、と

記事を読む

頭脳警察Episode Zero-悪たれ小僧の前奏曲

PANTAによる、自伝的私小説を読んだ。高校時代から、頭脳警察結成までをフォロー。バイクを盗

記事を読む

頭脳警察のヒストリー本を読んだ

シンプルに『頭脳警察』と題された、バンドのヒストリー本を読んた。ハードカバーで分厚くて重く、

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑