*

ワールドトレードセンター(2006年)

公開日: : 最終更新日:2020/09/11 伝記映画

ワールドトレードセンター(2006年)

2001年9月11日のニューヨーク。いつもと変わらない平穏な日常のはずが、突如航空機が世界貿易センタービルに衝突。港湾警察の選抜隊も借り出されるが、救助のためビル内に突入した直後、ビルが上部から崩れ落ちる。選抜隊も瓦礫の下敷きになってしまい、何人かは亡くなってしまった。そのうちの2人の警官だけがなんとか死をまぬがれて、助けが来るのをひたすら待つ。

描かれる中心が瓦礫の下の2人になっていることもあり、想像していた以上に地味な内容。しかし、2人の安否を気遣う家族のところに画面が切り替わると、観ていて胸が締め付けられる思いがするし、生還した2人と家族が再会できたときには、安堵感を覚えてしまった。

実話をもとにしているが、この作品で描かれているのは、テロの悲惨さそのものよりも、テロに巻き込まれた人たちが何を思い、何を語り、どう行動したかということであり、その先にあるのは生きることの素晴らしさなのだと思う。

監督はオリバー・ストーン。生き残る2人の警官、マクローリンとヒメノを演じるのは、ニコラス・ケイジとマイケル・ペーニャ。ヒメノの奥さん役が、マギー・ジレンホールだった(この2年後に「ダークナイト」でブルース・ウェインの元恋人レイチェルを演じている)。マクローリンとヒメノは、本人がアドバイザーとして制作に参加しているそうだ。

関連記事

女王陛下のお気に入り(2018年)

18世紀の英国はフランスと戦争状態だったが、アン女王は体調が優れないこともあり、側近のサラに

記事を読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年)

ロンドン。家庭環境の問題をまぎらわすため、ジェームズは麻薬に手を出してはやめ、を繰り返し、路

記事を読む

ハドソン川の奇跡(2016年)

2009年1月。ラガーディア空港を離陸した1549便は、鳥の群れに遭遇。鳥が両翼のエンジンに

記事を読む

ふたりの女王 メアリーとエリザベス(ネタバレあり)

ふたりの女王 メアリーとエリザベス(ネタバレあり)

最初に書いてしまうと、邦題には違和感がある。2人を対等に描いてはおらず、ほぼメアリーの物語だ

記事を読む

イミテーションゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

イミテーションゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(ネタバレあり)

1951年。数学者アラン・チューリングの自宅が荒らされた。アランは警察の取り調べを受ける中、

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑