*

007 ユア・アイズ・オンリー(1981年)

公開日: : 最終更新日:2020/09/01 007シリーズ ,

007 ユア・アイズ・オンリー(1981年)

英国の諜報船セント・ジョージが、何者かの攻撃を受けて沈没させられる。セント・ジョージにはミサイルを誘導できる装置ATACが搭載されていた。英政府の依頼で船を調査していたハブロック博士も、殺されてしまう。

ジェームズ・ボンドは博士殺しの実行犯ゴンザレスのアジトに潜入するも、捕まってしまう。しかし、ゴンザレスとその手下たちは次々にボウガンで殺害され、ボンドは脱出。博士の娘メリナが、父だけでなく母や仲間を殺された復讐を果たしたのだった。ボンドはゴンザレスには雇い主がいたはずだと考え、実業家コロンボから商売敵のクリスタトスが黒幕だと聞かされる。

ロジャー・ムーアがボンド役になってからの007シリーズには、どこかに必ずコミカルな描写があった。しかし本作にはそれが見当たらず、徹底してシリアスだ。その象徴と言っていいのが、ボンドガールのメリナだ。当然美形だが、聡明なキャラクターで、肌の露出も最小限。半ばお約束になっている、ボンドとのキスシーンやベッドシーンもなかった(ラストでは、そうなることを匂わせる描写こそあるものの)。キャロル・ブーケというフランス人が演じていて、後にシャネルのモデルも務めたそうだ。

過去の作品との関連もある。冒頭、ボンドはテレサの墓参りをするが、これは「女王陛下の007」でボンドと結婚するも、スペクターの首領ブロフェルドに殺害されてしまった女性だった(このときのボンド役はジョージ・レーゼンビー)。その後ヘリコプターでロンドンに向かったボンドだが、ヘリを遠隔操作して墜落させようとしたのは、車椅子にスキンヘッドの男。どう見てもブロフェルドだが、劇中では顔も名前も明かされずじまいだった。

主題歌がシーナ・イーストン、決戦の地がギリシャの世界遺産メテオラになっているなど、話題に事欠かない。映像も、一部のハメコミを除けば鑑賞に耐えうるクオリティだ。また、劇中ではボンドの上司Mは休暇中ということになっているが、実のところは俳優のバーナード・リーが撮影前に亡くなったのだそうだ。この人は、Qのデスモンド・キュウェリン、マネーペニーのロイス・マクスウェルと共に、ボンド役が交代しても出続けていた人だった。

関連記事

007 消されたライセンス(1989年)

盟友であるCIAのフェリックス・ライターの結婚式に出向いたジェームズ・ボンド。そこへ麻薬王サ

記事を読む

007 スカイフォール(2012年)

MI6のエージェント、007ことジェームズ・ボンドは、トルコで漏洩した情報を入手した敵と格闘

記事を読む

007 私を愛したスパイ(1977年)

核を搭載したイギリスとソ連の潜水艦が、突如消息不明に。MI6のMはジェームズ・ボンドを呼び出

記事を読む

007 ロシアより愛をこめて(1963年)

犯罪組織「スペクター」は、アメリカのロケット軌道妨害を阻止したジェームズ・ボンドへの復讐を目

記事を読む

007 ネバーセイ・ネバーアゲイン(1983年)

引退してスパイ学校で講師をしていたジェームズ・ボンド。MI6のMにより、復帰とリハビリ、訓練

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑