*

山本寛斎さん死去

デヴィッド・ボウイ・イズ

ファッションデザイナーの山本寛斎さんが、さる7月21日に亡くなられた。死因は急性骨髄性白血病。76歳だった。世界的に活躍したデザイナーで、日本人ではじめてロンドンでファッションショーをおこなった人だそうだ。

個人的には、デヴィッド・ボウイの衣装を手がけた人というイメージが強烈だ。ボウイの大回顧展「デヴィッド・ボウイ・イズ」が世界各地で開催され、そのプロモーションの位置づけにある映画にも出演し、コメントを寄せていた。ロンドン会場だったヴィクトリア&アルバート博物館で、ボウイファンに囲まれながら自身とボウイとの出会いから親交を深めていくまでを熱弁した。この大回顧展には、寛斎さんが手がけた衣装ももちろん展示された。

寛斎さんは、世界を相手に活動したものの、欧米に無理に馴染もうとはしていないように見えた。英語が堪能かと思いきや、日本人がたどたどしく話す英語そのままで、しかしその勢いというかエネルギーが凄まじく、それで外国人だろうと自分の土俵に引き入れているように見えた。衣装も、歌舞伎の引き抜きのアイディアを引用するなど日本の伝統を活かしていて、恐らくはボウイも寛斎さんのそういった面が気に入ったのではないかと思う。

2006年サッカードイツワールドカップを直前に控え、さいたまスタジアムでキリンカップの国内最終試合が行われたのに行ったことがあった。対スコットランド戦で、試合は0-0の今一つ盛り上がりを欠く内容だったが、試合前に日本代表を応援するイベントが開催され、そのプロデュースをしたのが寛斎さんだった。

3月に闘病中であることを公表しつつ、7月末に開催予定のイベント準備にも意欲的だったそうだ。謹んでご冥福をお祈りいたします。

デヴィッド・ボウイの公式ツイッターが、寛斎さん追悼の投稿をしていた。

関連記事

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)『Glass Spider』

デヴィッド・ボウイ不遇の時期、87年グラス・スパイダー・ツアーのDVDを観た。 前半は

記事を読む

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)「地球に落ちて来た男」

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)「地球に落ちて来た男」(ネタバレあり)

デヴィッド・ボウイが主演し1976年に公開された映画「地球に落ちて来た男」が、全国のミニシア

記事を読む

鋤田 正義 写真展:SUKITA / M Blows up David Bowie & Iggy Pop

鋤田正義写真展:SUKITA / M Blows up David Bowie & Iggy Pop

ミック・ロックの個展「DAVID BOWIE by MICK ROCK」は3月13日まで開催

記事を読む

2013年のソニービル

2013年3月、銀座ソニービル1階のカフェが期間限定でデヴィッド・ボウイ・カフェになり、行っ

記事を読む

ユリイカ 2016年4月号 特集=デヴィッド・ボウイ

文芸雑誌ユリイカの、デヴィッド・ボウイ特集号を読んだ。昨年1月のボウイの死を受けて特集され、

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑