*

ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-(2007年)

公開日: : コメディ ,

ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-(2007年)

大学を主席卒業し、警察学校でも成績トップの経歴を持つロンドン市警のニコラス。検挙率トップのエリートだったが、同僚や上司に疎まれて田舎村サンドフォードに左遷させられてしまう。サンドフォードは犯罪の少ない村と言われていて、警察署長をはじめ村の人たちは一見フレンドリー。しかし、未成年の飲酒が黙認されるなど、良くも悪くも村全体がルーズになっていた。真面目に勤務するニコラスは署内で浮いた存在になるが、コンビを組むダニーは彼を認める。

不可解な殺人が頻発するも、署員も村人も事件とは思わず事故だと言い放つ。ニコラスは亡くなった人たちに共通点があることに気づき、村にショッピングモールが建設されるのを妨害しようとする、地元スーパーのオーナーのサイモンの仕業と睨む。しかし、実はサイモン単独ではなく、村の有力者たちによる隣人監視同盟による統制だった。村が「ビレッジ・オブ・ザ・イヤー」を獲得するために、犯罪ではなく事故としつつ、村を乱す者や村を愛せず出ていこうとする者を消していたのだった。

ブラック・コメディ、劇中の当人たちはいたってシリアスなのだが、観ている方からすると笑えたり、あるいはグロかったりという、結構ぶっ飛んだ作風だ。中盤までは田舎村の連続殺人事件というサスペンスの匂いを漂わせていたのが、黒幕の隣人監視同盟がカルト組織めいてきた辺りから方向性が変わってくる。殺されかけたニコラスはいったんは村を離れるが、再び戻ってくると警察署の銃器を身につけ、隣人監視同盟のメンバーたちとド派手な銃撃戦を繰り広げるという展開に。ニコラスはともかく、一般人がライフルやショットガンをぶっ放すさまは違和感ありありだが、その違和感を逆手に取って痛快に見せることに成功している。

ニコラスは、。ワタシが観ている他の作品ではクールで落ち着いた役どころが多いが、ここでは好き放題やっていて気持ちがいい。ダニーはニック・フロストで、ワタシが観たことがある中では「宇宙人ポール」でサイモン・ペグとコンビを組んでいる。監督のエドガー・ライトとの3人で、いくつか作品を手がけている様子だ。サイモンはティモシー・ダルトン、警察署の同僚婦警ドリスはなんと「女王陛下のお気に入り」のオリヴィア・コールマンだった。ロンドン市警でのニコラスの上司役でマーティン・フリーマンが出ていたが、「SHERLOCK」「ホビット」のイメージよりも髪が伸びていて若々しかったこともあり、ぱっと見はわからなかった(汗)。

ダニーが刑事もの映画オタクで、「ハート・ブルー」「バッド・ボーイズ」のようなことをやったことがあるかとニコラスに聞き、やんわりとかわされる場面がある。それが後半の銃撃戦では2人とも見事にやりまくっていて、伏線回収というわけだ。ほかにも、セリフとか描写とかで、パロディーがたくさん詰め込まれている気がする。

関連記事

オーシャンズ8(2018年)

ダニー・オーシャンズの妹デビーは、刑務所での服役を教えて出所。服役中に、ニューヨークのメトロ

記事を読む

ノッティングヒルの恋人(1999)

ロンドン西部ノッティングヒルで、旅行書専門の書店を営んでいるタッカー。ハリウッド女優のアナが

記事を読む

アメリ(2001年)

パリのモンマルトルに住むアメリは、元軍医の父親からは心臓が悪いと勘違いされて学校には行かせて

記事を読む

グリーンブック

グリーンブック(ネタバレあり)

1962年のニューヨーク。ナイトクラブで用心棒をしている、トニー・ヴァレロンガ。クラブが閉鎖

記事を読む

ドクター・ドリトル

ドクター・ドリトル(ネタバレあり)

動物と会話ができる獣医、ジョン・ドリトル。しかし、冒険家の妻リリーを事故で亡くした後は失意の

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑