*

新世紀エヴァンゲリオン(コミック版)

公開日: : 最終更新日:2020/05/19 エヴァンゲリオン

新世紀エヴァンゲリオン (1)

アニメをベースとする「新世紀エヴァンゲリオン」だが、メディアミックスとしてコミック版も存在する。作画は、アニメのキャラクターデザインを担当する貞本義行だ。

ストーリーは、思った以上にアニメに忠実だった。アスカが登場する場面がなかったり、使徒の数が4体ほど少ないなど、はしょられているところもある。ただその代わり、アニメにはないが重要と思われる場面が補完されている。

・鈴原トウジがフォースチルドレンに選ばれたことを、エヴァ搭乗前に自らシンジに告げている。
・その鈴原が、なんと死んでしまう。
・渚カヲルの登場が少し早めで、シンジとのやりとりが結構ある。
・綾波レイがシンジに見舞われるアスカに嫉妬している(レイはアニメより感情豊かだ)。
・加持がセカンドインパクト後どうやって生きてきたかをシンジに話す。
・アスカが、自分が試験管ベビーだとシンジに話す。

他にも、まだあるものと思われる。

このコミックは休載を挟み、連載開始から完結までにかなりの年月を要した。ラストは、シンジの内面を描写したテレビ版とも、あまり明るいとは言えない「AIR/まごころを、君に」とも異なる、希望を感じさせる締めくくりとなっている。

関連記事

ブルークリスマス(1978年)

UFOを目撃した者は血液が青くなるという事象が、世界中で見られる。その事態に危機感を抱いた各

記事を読む

新世紀エヴァンゲリオン(テレビ版)

西暦2000年。南極で大災害が発生し、「セカンドインパクト」と呼ばれる。その15年後の201

記事を読む

エヴァンゲリオン展@横浜そごう美術館(2014年9月)

横浜そごう美術館で開催されている、エヴァンゲリオン展を観に行ってきた。エヴァ展は2013年に

記事を読む

エヴァンゲリヲン新劇場版:Q

「破」のラストで起こったニアサードインパクトから、14年が経過。旧ネルフ職員らは反ネルフ組織

記事を読む

エヴァンゲリヲン新劇場版:序

旧劇場版の公開が1997年。それから10年を経て、「新劇場版:序」が公開された。今回は4部作

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑