*

スーパーソニック2020(Supersonic)、第一弾出演アーティスト発表

Liam Gallagher『Why Me? Why Not』

サマーソニックが東京オリンピック開催に伴い今年はお休みすることは、かなり前に発表されていた。その代替えとして、9月に規模を抑えたフェス「スーパーソニック」開催となり、先日その第一弾出演アーティストが発表された。

東京 9月19日(土) / 大阪 9月20日(日)
THE 1975 / LIAM GALLAGHER / FATBOY SLIM

大阪 9月19日(土) / 東京 9月20日(日)
SKRILLEX / KYGO

東京 9月21日(月曜)
POST MALONE / WU-TANG CLAN / Official髭男dism

日程未定
DIGITALISM / DON DIABLO / IAN BROWN / TONES & I / WarNymph(Grimes DJ Set) / ALEC BENJAMIN / AURORA / BEABADOOBEE / BLOSSOMS / CONAN GRAY / DOMINIC FIKE / EASY LIFE / IDKHOW / JAX JONES / SQUID / WATERPARKS and more…

The 1975は、ニューカマーの頃に一度サマソニで観たが、さほど突出したという印象は受けなかった。世の中的には以降急加速で成長しているらしく、今回ヘッドライナーということのようだ。

フェス名からして、リアムもしくはノエル、あるいは2人ともエントリーされるかもという予想はしていた(ノエルが今後エントリーされる可能性はある)。ビーディ・アイは急失速し消滅してしまったが(おかげでライドは再結成できた)、ソロ名義になってからは、ビッグバンドのキャリアを背負う身としては期待以上の結果を出している。楽しみだ。

サマソニと違い幕張メッセが開催時期に使えないらしく、会場がアウトドアオンリーに。ダンス/テクノ勢が多いのは、そのためだと思う。

思った以上の規模の大きさになりそうで、楽しみになってきた。無事に開催されることを祈っている。

関連記事

スーパーソニック2020(Supersonic)、2021年に開催延期

都市型フェス、サマーソニックの代替えとして今年限りで9月に開催予定だったスーパーソニックだが

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑