*

Cocco Live Tour 2019 “Star Shank”@東京国際フォーラム ホールA

公開日: : 最終更新日:2019/12/14 Cocco

Cocco Live Tour 2019 “Star Shank”@東京国際フォーラム ホールA

10月にリリースしたアルバム『スターシャンク』に伴うツアーで、この日は中日に当たる。カメラクルーが入っていて、来年2月にWOWOWで放送されるとのことだ。

定刻から10分近く経ったところで客電が落ち、向かって左の袖からバンドメンバー登場。最後に出てきたのがCoccoで、薄暗いステージの中、『くちづけ』でスタート。正直、意外だった。続くドラムイントロが印象的な『花爛』で、こちらはアルバムのトップ。こちらをオープニングにするかと思っていたが、徐々にエモーショナルになっていく彼女を見て、『くちづけ』は助走の役割として必要だったのだと感じた。

代表曲『強く儚い者たち』を序盤に放つという大技を経て、最初のMC。好きなように楽しんでいいんだよという彼女のことばは、静かすぎるこの日の観客に対する配慮のようにも思えた。彼女は白の薄地のロングドレスで、頭に花飾りをつけていた。まるで、ギリシャ神話の女神さまのようだ。

今回のバンドメンバーは注目だ。キーボード渡辺、ドラム椎野、ギター藤田は近年のメンバー。ギター長田は久しぶり、そしてベース根岸は、2年前の20周年ライブを別とすれば、恐らく2000年以来だろう。帽子率が高く、藤田以外は被っている。2人のギタリストは、どちらかというと長田がリズムに回り藤田に好きにやらせているように見えた。そしてコーラスも担う根岸だが、後方ドラムセットの脇に陣取り控えめなポジショニングにも関わらず、存在感の大きさがハンパない。

序盤は『スターシャンク』からの曲が中心になるが、薄暗い中に赤いライティングのステージで歌う彼女の姿は、ミュージシャンというより演劇を観ているかのようだった。『極悪マーチ』など、まさにタイトルを反映したかのようなダークでへヴィーな仕上がりに。『音速パンチ』でなんだかほっとさせられたかと思うと、ラストでもおかしくない『有終の美』をここで放つ。この日のライブ、どういう展開になっていくのかが想像できなくなった。

ポップでアッパーな『願い叶えば』はライブ映えすると思ってはいたが、その通りになった。Coccoは腕を左右に振り、客もそれに合わせて振るのだが、彼女の振るテンポが少し早くて、あまり一体感がない(笑)。でも、それも彼女は、らしい。『Raining』 は一転してアコギをバックに切々と歌い、この落差も心地いい。

個人的にかなり好きな曲『ドロリーナ・ジルゼ』は、聴けて観れて嬉しかった。イントロのドラムは、『花爛』に続き椎野の見せ場になった。間奏で彼女はステージ中央のポジションを離れ、まずは向かって左のスペースに、続いて右のスペースに足を進め、しなやかに踊っていた。もともとバレリーナになりたかったと聞いているが、少し形は異なるにせよ、自分の夢を実現しているのではないだろうか。

ラストは、『フリンジ』『海辺に咲くばらのお話』と、『スターシャンク』からの2連発だ。前者は勇ましく男性的なメロディで彼女の曲にしては少し意外。でも、こういうのもアリと思わせてくれる。後者は彼女の魅力のひとつである癒しをにじませた曲調だ。ステージのバックドロップにスクリーンが降り、花柄の模様がメンバー越しに映し出された。静止画ではあったが、彼女のライブでこのような演出は珍しい。

現在の彼女は、ライブ終了後客席に向けて目一杯手を振っている。しかし初期つまり根岸がいた頃は、歌い終えると感極まったのか真っ先にステージを後にしていた。では、今回はどうなるか・・・。バンドメンバーはおのおの花束を持ち、顔を見合せながら彼女の動向を伺っていたように見えた。そして彼女も花束を持ち、メンバーは彼女を取り囲んだ。揃って挨拶。ステージ右にも、左にも。メンバーが先に袖に捌けていく中、彼女だけは最後まで残り、手を振り続けていた。

セットリスト
1.くちづけ
2.花爛
3.強く儚い者たち
4.Gracy Grapes
5.Being Young
6.スティンガーZ
7.夕月
8.極悪マーチ
9.2.24
10.Come To Me
11.音速パンチ
12.有終の美
13.暗黙情事
14.願い叶えば
15.Raining
16.樹海の糸
17.ドロリーナ・ジルゼ
18.フリンジ
19.海辺に咲くばらのお話

『スターシャンク』初回盤のDVDを観た限り、彼女は歌うことにあまり執着しておらず、やりたければやり、そうでなければ無理にはやらないスタンスだと思われる。そして、彼女は帰ってきてくれた。「おかえり」はワタシたちファンからのことばだが、彼女自身もMCでワタシたちに「おかえり」と言ってくれたのだ。

関連記事

Cocco Live Tour 2022 ”プロム”@東京ドームシティホール

Cocco Live Tour 2022 ”プロム”@東京ドームシティホール

2020年に予定していたライヴハウスツアーがコロナ禍で中止になったCoccoだが、今年2年ぶ

記事を読む

Cocco『生配信ライブ2020 みなみのしまのそらのいろ』をDVDで観た

Coccoが2021年にリリースしたアルバム『クチナシ』の初回限定盤に、2020年8月に敢行

記事を読む

Cocco『Live Tour 2019 “Star Shank” -2019.12.13-』

記事を読む

Cocco「想い事。」写真展(2007年)

Cocco「想い事。」写真展(2007年12月)

Coccoが毎日新聞に連載していたエッセイが、「想い事。」という本になって出版された。その本

記事を読む

Cocco@NHKホール

Cocco@NHKホール

今年、2年ぶりにアルバム『アダンバレエ』をリリースし、夏フェスもいくつかこなしたCocco。

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑