*

U2ファイル

公開日: : U2

U2ファイル

U2に関する本はいくつか出版されていて、ワタシも何冊か読んでいる。それらの中で決定的と思えるのが、『 FILE』だ。

3,000円オーバーと値段はちと張るが、その内容は驚愕ものだ。まずはデータ面が充実している。『How To Dismantle An Atomic Bomb』までのアルバムやシングル、サントラ、ビデオ作品、カヴァー作品などを網羅したディスコグラフィー。要所での代表的な公演のセットリストを含む、デビューから2004年までの完全ツアーリスト。これらを読むだけでも、U2のこれまでの活動ぶりが手にとるようにわかる。

関係者へのインタビューも、かゆいところに手が届く徹底ぶりを見せる。アイルランドという国や国民が持つ気質とロックについて語ってくれた、アイルランド大使館の参事官。iPodのCMでU2と仕事をした、広告業界の人。パッセンジャーズ名義のアルバムにHoliとして参加している、小林明子(『恋におちて』を歌っていた人)。2002年のスーパーボウルに取材に行き、ボノとのインタビューにも成功した、俳優の別所哲也。など、いずれも貴重な証言をし、もちろんU2に対する愛情の深さも垣間見ることができる。

日本との関連もフォローしていて、テレビ番組への出演の様子について触れられているほか、83年の初来日時に撮影されたと思われる、珍しい写真も掲載されている。西新宿の高層ビル群をバックにした4人や、たまたま居合わせた?老人と一緒にベンチに腰掛けている写真など、今やビッグになってしまったU2からは考えられないような、若き4人の貴重なショットに和ませられる。

惜しむらくは、出版が2005年3月で、それから14年が経過した今となっては、最新とも完全とも言えなくなっていることだ。ワタシは未読だが、クロスビートスペシャルエディションが後継なのかな。

関連記事

ナイン・インチ・ネイルズらが参加したU2トリビュート『Achtung Baby Covered』

Nine Inch Nails - Zoo Station U2 (Jacques Lu

記事を読む

ゲット・ラウド~ジミー・ペイジ、ジ・エッジ、ジャック・ホワイトの共演(日本公開2011年)

ジミー・ペイジ、U2のジ・エッジ、元ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイト、と、世代を超

記事を読む

U2『Under A Blood Red Sky(Deluxe Edition)』

U2初のライヴアルバムとライヴ映像が、デラックスエディションとして1つのアイテムになって限定

記事を読む

U2『Classc Albums : The Joshua Tree』

ロックの名盤アルバムが如何にして作られたのかを解き明かすドキュメンタリー、クラシック・アルバ

記事を読む

U2『18 Videos』

2006年にU2のキャリアを横断するシングルコレクションアルバムがリリースされ、同時にPV集

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑