*

ナイン・インチ・ネイルズらが参加したU2トリビュート『Achtung Baby Covered』

公開日: : 最終更新日:2019/11/23 U2 , ,

Achtung Baby Covered

Nine Inch Nails – Zoo Station
(Jacques Lu Cont Mix) – Even Better Than The Real Thing
Damien Rice – One
Patti Smith – Until The End Of The World
Garbage – Who’s Gonna Ride Your Wild Horses
Depeche Mode – So Cruel
Snow Patrol – Mysterious Ways
The Fray – Trying To Throw Your Arms Around The World
Gavin Friday – The Fly
The Killers – Ultraviolet (Light My Way)
Glasvegas – Acrobat
Jack White – Love Is Blindness

U2は、2011年の暮れに『Achtung Baby』のリリース20周年記念で豪華ボックスセットをリリースしたが、同時期にアルバムの全曲をカヴァーするトリビュートアルバムもリリースされていた。それが音楽雑誌QマガジンへのCD添付という変則リリースで、発売前の予約で既に入手困難になった。アマゾンでもいちおう取り扱いはあるが、高値がついている状態。しかし、iTunesでもリリースされていることを知り、ダウンロード購入した。

カヴァー陣は、なんとも豪華な顔ぶれだ。ナイン・インチ・ネイルズやデペッシュ・モードといったインダストリアル勢はこのアルバムにマッチしていると思うし、若手のキラーズやジャック・ホワイト、叙情派スノウ・パトロール、レジェンドのパティ・スミス、今年活動を再開するガービッジなど、かなりバラエティーに富んでいる。

ナイン・インチ・ネイルズは「静」に重点を置いた『Zoo Station』、パティ・スミスは『Until The End Of The World』をいつもながらの彼女らしい歌い上げでまとめている。ラストを飾るジャック・ホワイトの『Love Is Blindness』は、原曲を壊しまくり。聴いていて飽きることがなく、あっという間に時間が過ぎ去ってしまう。また、トリビュートながらU2名義の曲収録もあって、『Even Better Than Real Thing』のリミックスだ。

個人的にノーマークで、聴いて儲け物と思ったのが、ダミアン・ライスの『One』だ。まるでジョニー・キャッシュがカヴァーしたナイン・インチ・ネイルズ『Hurt』のようで、原曲のボノのひたむきなヴォーカルとは真逆の、枯れた佇まいが聴いていてかなり沁みた。

関連記事

U2『The Joshua Tree(Super Deluxe Edition)』

U2が1987年にリリースしたアルバム、『The Joshua Tree』。20周年盤のデラ

記事を読む

U23D

U23D(日本公開2009年)

U2のヴァーティゴツアーのライヴが、2009年に劇場公開されていた。字幕は全くないが、タイト

記事を読む

U2『The Unforgettable Fire(Deluxe Edition)』

U2が1984年にリリースした通算4枚目のアルバム『The Unforgettable Fi

記事を読む

U2『The Best Of 1990-2000』

U2のベストはCDも映像も数種類出ているのだが、映像版の「1990 - 2000」を観た。内

記事を読む

ウィズアウト・ユー(1999年)

音楽PV監督のジェイクは、制作会社からハリウッド映画の監督を任されることになった。一方で、フ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑