*

U2『The Joshua Tree(30th Super Deluxe Edition)』

公開日: : 最終更新日:2019/11/22 U2

U2『The Joshua Tree(30th Super Deluxe Edition)』

1987年にリリースされた、U2のアルバム『The Joshua Tree』。バンドが生んだ傑作であり代表作でもある作品だが、2017年に30周年記念エディションがリリースされた。ワタシが持っているのは、CD4枚組のスーパーデラックスエディションだ。

実は、CD4枚のうち2枚は2007年にリリースされた20周年エディションと重複している。ディスク1のオリジナル盤とディスク4のBサイド集がそれで、どちらも2007年のリマスター盤が適用されている。ディスク3は2017年にリミックスされた6曲で、インダストリアルなアレンジは『Achtung Baby』からのサイバー路線を思い起こさせる。

というわけで、目玉はディスク2。1987年に、ニューヨークのマジソンスクエアガーデンで行われたライブの音源だ。『I Still Haven’t Found What I’m Looking For』は、終盤のサビからボノはボブ・マーリーの『Exodus』を歌った。この曲は終盤にも収録されているが、このライブではなく教会でゴスペルコーラス隊と共演した音源だ。『Exit』では、自分たちの『Gloria』ではなく、ヴァン・モリスンのを歌っていた。

ボノは、ほぼ全曲で演奏前に曲名を告げていた。終盤には『Party Girl』を演奏していて、この曲はオリジナルアルバムにもベストにも未収録で、彼らの最初のライブアルバム『Under The Blood Red Sky』にのみ収録されているという、極めて特異なポジションを占める曲だ。観客による合唱は1度や2度ではなかったが、なんとこの曲でも起こっていた。

スーパーデラックスエディションは、ブックレットの写真集が充実している。長年U2を撮り続けているアントン・コービンだけでなく、ジ・エッジによる写真集も。どちらもアルバム制作時の1986年頃の撮影で、20代半ばのメンバー4人は若々しい。ジ・エッジの方は装丁が豪華で、そして今回のリリースにあたり序文を寄せている。

このエディションは2017年6月にリリースされたが、それに先駆けて5月から『The Joshua Tree』を全曲演奏するツアーを始めていた。このときの来日公演はなかったが、今年2019年12月、13年ぶりとなる来日で全曲演奏が実現する。

関連記事

イーグルス・オブ・デス・メタル、バタクラーンを訪れる

U2のライヴにゲスト出演した、イーグルス・オブ・デス・メタルのメンバー。翌8日、事件当時コン

記事を読む

ルチアーノ・パヴァロッティさん死去

世界3大テノールのひとりである、ルチアーノ・パヴァロッティさんが6日に亡くなった。死因はすい

記事を読む

U2熱

3年半ぶりの新譜『All That You Can't Leave Behind』を買って聴

記事を読む

ボノ インタヴューズ

U2のボノの、30万字に渡るインタビューを掲載した本を読んだ。500ページ近くもある分厚い本

記事を読む

U2『18 Singles(DVD付限定盤)』

2006年11月、U2がシングルコレクション集をリリースした。 タイトルの通り18曲が

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑