*

ブレードランナー3 レプリカントの夜

ブレードランナー3 レプリカントの夜

前作のラストで、サラ・タイレルはタイレル本社を爆破し、デッカードと共に地球を脱出。2人は火星に向かい、偽名を使い夫婦を装っていた。しかし2人の間には愛情はなく、特にサラのデッカードに対する憎悪は強くなるばかり。デッカードはサラのコピーだったレイチェルと愛を育み、テンプラント(オリジナル)の自分には愛情をくれない。それは、生活を共にしても変わることはなかった。そんなサラの元に、タイレル社の社員を名乗る2人の男が現れる。

一方、リック・デッカードはリオン・コワルスキーと対峙。しかしこれは、巨大スタジオのアウター・ハリウッドにおける、デッカードの伝記映画撮影のひとコマで、演じているのは俳優だ。本物のデッカードは監修として制作会社に雇われ、現場に立ち会っていた。

映画「ブレードランナー」の約1年後を描いた小説「ブレードランナー2 レプリカントの墓標」の続編で、1997年に邦訳が出版された。作者は、引き続きK・W・ジーターという人だ。2017年に正統な続編の「ブレードランナー2049」が公開されているが、時系列的にはこちらの方が早く世に出ていて、1992年の「ディレクターズ・カット」を受けたその後の世界を描いている。よって「2049」はいったんシャットアウトし、小説の前作とセットで捉えるべきだ。

デイヴ・ホールデンやJ・F・セバスチャンも登場するし、前作で死んだロイ・バッティも、異なるスタイルで再登場する。しかし、本作では彼らの役割はさほど重要ではない。物語はデッカードの動向とサラの動向が交互に描かれ、2人の決着戦の様相を呈している。

読み続けるには、かなりの我慢が必要だ。というのも専ら会話劇が中心で、しかもどのキャラクターの言い回しもまわりくどくてわかりにくく、よって進行が鈍い。いらいらする。設定は、前作も本作も、よく言えば大胆、はっきり言えばお粗末だ。レプリカントと人間とのボーダーラインをあいまいにすることを狙っているのだろうが、説得力に欠ける。

しかしだ。以下は結末の一部のネタバレになるが、大胆な設定ながらこういう方向性はアリ、というところに物語は着地する。宇宙ではレプリカントが進化し、生殖機能を有し自ら種族を存続させることが可能とされている。そして、サラの両親はレプリカントだった。なので、サラも実は人間ではなくレプリカントだったのだ。また、サラには双子の妹がいて、彼女は誕生した宇宙船の船内でコンピューターに保護され、年齢は10歳だった。彼女の名は、レイチェルといった。

関連記事

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年)

1982年に公開された「ブレードランナー」は、興行的には惨敗。しかし、年を経るにつれその表現

記事を読む

『ブレードランナー証言録』を読んだ

映画「ブレードランナー」(以下「2019」)の関係者4人のインタビュー集だが、そのうち2人、

記事を読む

ブレードランナーの未来世紀

80年代のカルト映画8本を扱った本を読んだ。 その8本というのは、デヴィッド・クローネ

記事を読む

デンジャラス・デイズ メイキング・オブ・ブレードランナー(2007年)

公開時こそ興行的に目立った成果は得られなかったが、家庭用ビデオやケーブルテレビなどの普及にリ

記事を読む

『別冊映画秘宝ブレードランナー究極読本&近未来SF映画の世界』を読んだ

「ブレードランナー」の35年ぶりとなる続編「ブレードランナー2049」公開に際して発売された

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑