*

白血病を患う5歳の少年「バットマンになりたい」サンフランシスコが市をあげて協力

公開日: : 最終更新日:2019/10/19 バットマン

2013年11月、こんなことがあった。

白血病を患う5歳の少年マイルス・スコット君の「バットマンになりたい」という夢を叶えるべく、難病患者を支援する団体が主催し、サンフランシスコをゴッサムシティにするというイベントが行われた。12000人のボランティアがイベントを支え、全米にテレビ中継もされ、オバマ大統領も激励のコメントを贈った。

ゴードン署長(サンフランシスコ市警署長本人が演じた)がマイルス君をバットキッドに任命し、街の平和を守るようにという任務を与える。バットキッドは先輩のバットマンと共にバットモービル(寄付されたランボルギーニ!を改造)で出発。囚われた女性を救出し、銀行強盗をしようとしたリドラーを逮捕。サンフランシスコ・ジャイアンツのマスコットを、ペンギンから救出した。

バットキッド ビギンズ

ううー、ええ話やー。そして、アメリカはやることのスケールがでかい。この話は、「バットキッド ビギンズ」というドキュメンタリー映像として発表されている。

関連記事

バットマン(1989)

犯罪都市ゴッサムシティに、闇に紛れて犯罪者を倒すバットマンがいるとの都市伝説が浮かびあがる。

記事を読む

キャットウーマン(2004)

ペイシェンス・フィリップスは、化粧品会社に勤めるグラフィックデザイナー。あるとき、彼女は老化

記事を読む

バットマン・リターンズ(1992)

ゴッサムシティ。奇形な赤子ゆえに両親に捨てられ地下で動物に育てられた、サーカスギャングの首領

記事を読む

ダークナイト・ライジング(2012年)

ジョーカーとの戦い、ハービー・デントの死から8年。お尋ね者バットマンは姿を消し、ハービーの功

記事を読む

ジョーカー(ネタバレ注意)

ジョーカー(ほぼ結末まで記載につきネタバレ注意)

ゴッサムシティ。コメディアン志望のアーサー・フレックは、母ペニーの看病をしながら大道芸人の仕

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑