*

ジョン・ウィック:パラベラム(ネタバレあり)

ジョン・ウィック:パラベラム(ネタバレあり)

前作「ジョン・ウィック:チャプター2」のラストで、掟を破って「聖域」のコンチネンタル・ホテル・ニューヨーク内でマフィアのサンティーノを射殺してしまったジョン・ウィック。その代償は大きく、1400万ドルの賞金をかけられ、裏社会の殺し屋たちに狙われる。

殺し屋たちを倒しつつジョンがたどり着いたのは、自身の出自であるベラルーシの裏コミュニティ。その女性リーダーに頼み、船でカサブランカへ向かう。コンチネンタル・ホテル・モロッコの支配人ソフィアは、かつてジョンと誓印を交わしていて、彼女はジョンに借りがあった。

本作では、裏社会を司る「主席」という組織の存在が明らかになる。コンチネンタル・ホテルを聖域認定するのも、解除するのも、主席の判定だ。ニューヨークのコンチネンタル・ホテルは、ジョンに逃げる猶予を与えたとして聖域を解除され、窮地に立たされる。また、前作でジョンをサポートしたニューヨーク地下社会のキングも、主席に裁かれてしまう。

ジョン・ウィックのシリーズ3作目で、ジョンはもちろんキアヌ・リーブス。時間軸的には前作から直結していて、傷ついたまま逃走を始め、以降全編傷つきっぱなし。しかし殺し屋としての腕は相変わらず冴え渡り、銃器の使いこなしのみならず、図書館で分厚い本を使って殺したり、ナイフを投げては百発百中で殺したりと、最早何でも武器にしてしまう。

視覚的に新鮮だったのが、馬に乗っての格闘だ。ニューヨークの街中を馬で駆ける構図が優雅で、そしてバイクで迫る追手を馬上から蹴散らすさまはすごい。監督は前2作と同じ人で、もとはキアヌのスタントマンだった人。それだけに、アクションに賭ける情熱は2人ともハンパない。

キングは、前作と同じくローレンス・フィッシュバーン。出番は少ないが、存在感は抜群だ。ソフィアはハル・ベリーで、モロッコでの自身が愛情を注ぐ犬を伴っての殺し屋との対決は、中盤の見所だ。俳優たちは演技ができるが、果たして犬たちの殺人兵器ぶりは、本物だったのかそれともCGか。

主席側が雇う殺し屋ゼロが、どうやら日本人という設定のようだ(演じている人は、母が日本人とのハーフとのこと)。スキンヘッドで伊武雅刀似で、時折日本語を話すが、カタコトで聞き取りにくかった。普段は寿司屋で働いていて、BGMがきゃりーぱみゅぱみゅの『にんじゃりばんばん』だった。クライマックスはコンチネンタル・ホテル・ニューヨーク内でのジョンとゼロとの対決で、ガラス張りの床や骨董品を飾ったショウウィンドウが並び立つ異様なフロアでの攻防は、「燃えよドラゴン」での鏡張りの部屋での戦いを彷彿とさせる。

ラストは確実に続篇を制作する終わり方で、キアヌにとっては「マトリックス」に続く、俳優キャリアの代表作になるシリーズになることだろう。

関連記事

ジョン・ウィック(ネタバレあり)

ジョン・ウィック(ネタバレあり)

愛妻を失ったジョン・ウィックは、かつてマフィアに属する腕利きの殺し屋だった。亡き妻からの贈り

記事を読む

ジョン・ウィック チャプター2

ジョン・ウィック:チャプター2(ネタバレあり)

たったひとりでロシアンマフィアを追い詰めたジョン・ウィックは、奪われた自分の愛車を奪還。愛車

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑