*

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)『Generation Terrorists (20th Anniversary Edition)』

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)『Generation Terrorists (20th Anniversary Edition)』

マニック・ストリート・プリーチャーズが1992年に投下したデビューアルバム、『Generation Terrorists』。2012年に20周年のデラックスエディションがリリースされている。CD2枚プラスDVDというパッケージだ。

ディスク1は、オリジナルアルバムのリマスター盤。ディスク2はほぼ全曲(18曲中16曲)のデモ音源を収録し、最後にはデビューシングル『Suicide Alley』をはじめとするインディーズ時代の音源が付加されている。

注目は、計180分にも渡るDVDだ。9曲のPV集は、うち7曲はふつうに出回っているものだが、『Repeat』『Nat West-Barclays-Midlands-Lloyds』の2曲はニッキーが兄と一緒に監督した初出の映像。実験的で手作り感に溢れていて、大衆受けはしにくいだろうが貴重な映像と言える。トップ・オブ・ザ・ポップスをはじめとする、BBC出演時の映像も貴重。若く荒々しい4人の姿が確認できる。

映像の目玉は、このエディションのために収録されたと思われる、『Culture, Alienation, Boredom And Despair』と題されたドキュメンタリーだ(タイトルは『Little Baby Nothing』の歌詞から引用)。スタジオと思しきところでジェームス、ニッキー、ショーンの3人がバンド結成からデビュー、アルバム『Generation Terrorists』の位置づけなどについて語り、時折ライブ映像が挿入されるという構成。別撮りで、マネージャーやプロデューサーも当時のバンドの動向やレコーディングの様子などを語っている。ライブで客が10~20人しかいなかったとか、恐らくはどのバンドでも通過するであろう出来事を彼らも体験していた。

初来日のことにも言及している。息巻いたあげくアルバムはさほど売れなかったのに、空港には数100人の出迎えがいてびっくりしたとか。後ろにボン・ジョビでもいるのかと思ったら自分たちのファンだったと、冗談混じりに言っていた。ライブは2000人超満員だったとニッキーが言っていたが、クラブチッタで1100人程度のはずなので、これは記憶が増幅されている(でも、そう言ってもらえているのは嬉しい)。『Motorcycle Emptiness』のPVは渋谷でゲリラ撮影されているが、これはバンド側が日本のファンの熱狂ぶりに感激して急遽撮影に踏み切ったのではないだろうか。

これらの映像には、当然ながらリッチー・エドワーズのインタビューやギターを弾く姿なども収められている。もちろん、92年の時点では誰も知る由もないのだが、95年に失踪してしまい現在は法的に死亡判定されてしまっている事実を知った上で観ると、やはり切ない気持ちにさせられる。

関連記事

CROSSBEAT Special Edition マニック・ストリート・プリーチャーズ

2018年、アルバム『Resistance Is Futile』のリリースにリンクさせるよう

記事を読む

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)@Zepp Divercity

マニックスのゲスト(オープニングアクト)にアジカン

かつては横浜アリーナで自身のフェスを開催し、日本人アーティストのロックフェスではヘッドライナ

記事を読む

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)『The Holy Bible (10th Anniversary Edition)』

マニックスは昨年、サードアルバム『The Holy Bible』を全曲演奏するライヴを、開催

記事を読む

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)@Zepp Divercity

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)@Zepp Divercity

1998年にリリースした5枚目のアルバム『This Is My Truth Tell Me

記事を読む

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)『Everything Must Go (10th Anniversary Edition)』

マニック・ストリート・プリーチャーズが1996年にリリースしたアルバムが、『Everythi

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑