*

頭脳警察『We Are The Brain Police(DVD)』

公開日: : 頭脳警察/PANTA ,

頭脳警察『We Are The Brain Police(DVD)』

頭脳警察のDVD『We Are The Brain Police』を観た。2001年6月9日に、日比谷野外音楽堂で行われたライブだ。1975年に解散した頭脳警察は、1990年に期間限定で再結成。そして2001年も、このライブを皮切りに限定的に活動していた。ワタシも野音に足を運んでおり、頭脳警察を初めてナマで観たときだった。

映像はリハーサル風景から始まり、楽屋で出番を待つPANTAや石塚俊明の表情を捕らえている。このときのライヴはピンではなく、怒髪天、イン・ザ・スープ、ソウル・フラワー・ユニオンの3組のアクトが先に演奏していた(DVDには彼らのライヴは未収録)。そしていよいよ頭脳警察が登場。『銃をとれ』で始まるが、ベースのリフにギターがからむイントロをかなり引っ張り、「復活」するその瞬間をじらしているようにも見えた。

PANTAの視線は鋭く、そして石塚のパーカッションさばきは魔法のようであり、そして音は妖しい響きを放っていた。カメラアングルはもちろんステージ上のメンバーを中心に捉えているが、不意に一瞬だけ客席の方に切り替わることがある。緊張感がある、騒然とした雰囲気が伝わってくる。

当時は頭脳警察のCDの多くは廃盤状態であり、なかなか入手できない状態だった。なのでワタシも彼らの曲を充分に聴いてこのライブに臨むことができず(ベストアルバムしか聴いていなかったと思う)、ライヴで実際に演奏を体感しても、残念なことにその大半は記憶として残らなかった。その後頭脳警察のアルバムがCD再発され、ほとんどの曲を聴き知っている状態でこの映像を観ると、ああこのときはこんな曲を演奏していたんだということを、改めて確認できたという想いだ。

関連記事

頭脳警察のヒストリー本を読んだ

シンプルに『頭脳警察』と題された、バンドのヒストリー本を読んた。ハードカバーで分厚くて重く、

記事を読む

頭脳警察『Live Document 1972-1975』

頭脳警察が2004年にリリースした、ライブボックスを聴いた。CD7枚組プラスDVDという、と

記事を読む

PANTA自伝 1 歴史からとびだせ

1989年に刊行され、絶版になっていたPANTAの自伝が、21世紀になって加筆された形で復活

記事を読む

頭脳警察@渋谷マウントレーニアホール

頭脳警察@Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

今年結成50年を迎えた頭脳警察だが、さる9月18日に新譜『乱波』をリリース。そのリリースパー

記事を読む

『パンタとレイニンの反戦放浪記』を読んだ

頭脳警察のパンタ(PANTA)、ジャーナリストの椎名レイニンの2人が、2003年2月にイラク

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑