*

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『永遠 コレクターズボックス』

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『永遠 コレクターズボックス』

2014年にリリースされたアルバム『The Endless River』は、ピンク・フロイドとしてのラストアルバムだ。邦題は『永遠(TOWA)』となっている。

内容は、実は1994年リリースの『The Division Bell/対』のアウトテイクを元にレコーディングし直したもので、純粋なオリジナルアルバムとは言い難い。言ってみれば、レッド・ツェッペリンの『CODA/最終楽章』に近い性格のアルバムだろうか。

このような体裁になっているのは、キーボードのリチャード・ライトが2008年に亡くなっていて、この人に捧げられているからだ。これがラストアルバムでツアーも行わないとデイヴ・ギルモアが公言しているのは、自分とニック・メイソンだけでフロイドを名乗るのは違うという思いがあるからだろう。

収録曲のほとんどはインストで、初期の音響系だった頃のフロイドを思い起こさせる。しかしながら、全編を貫くのはギルモアのギターで、ロジャー・ウォーターズ脱退後のフロイドの路線は継承されている。2006年にはシド・バレットが、2013年にはフロイドのジャケットの大半を手がけたストーム・ソーガソンが亡くなっていて、 この2人にも捧げている意味合いを含んでいると思う。こうした情報を仕入れて聴いているためか、どことなく物悲しく、終末感に包まれた曲調に聴こえてしまう。

ワタシが所有しているのは、 DVD入りのデラックスエディションだ。そのDVDだが、6曲の映像はすべてスタジオでのレコーディング風景をモノクロにしていて、プロモーションでもメイキングでもなく、制作の様子をただただ捉えたものになっている。なんと、6曲中4曲はアルバム未収録だ。音源も6曲収録されているが、うち3曲はアルバム未収録だ。かなり変則的だ。

ディスク以外では、カラーフォトブックレット、ポストカードが同梱。日本盤ブックレットには、アルバム解説のほか、レコード会社の歴代ディレクターのコメントが付加されている。実はDVD『驚異』に収められているものの流用だが、今回一部加筆されている。『原子心母』『狂気』の邦題が秀逸すぎて、その後のディレクターには高いハードルになったとか。 本作の『永遠(TOWA)』は、バンドの最終章ではあるがフロイドは永遠不滅であることを示そうとしていていると思う。

関連記事

ジョージ・オーウェル『動物農場』(とピンク・フロイド『Animals』)

イギリス。とある農場において、農場主である人間の扱いに耐えかねた動物たちは決起し、人間を追い

記事を読む

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『炎 コレクターズボックス』

2011年からスタートした、ピンク・フロイドのアーカイブシリーズ。『狂気』に続く第2弾は、オ

記事を読む

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『Shine On』

ピンク・フロイドは、デビュー25執念記念で1992年に『Shine On』というボックスセッ

記事を読む

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『対 コレクターズボックス』

ピンク・フロイドのアーカイブシリーズ、第4弾はまさかの『The Division Bell』

記事を読む

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『Live At Pompei』

1972年9月に劇場公開され、日本では「ヤング・ミュージック・ショウ」で放送された、ピンク・

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑