*

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『ザ・ウォール コレクターズボックス』

公開日: : Pink Floyd

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『ザ・ウォール コレクターズボックス』

ピンク・フロイドのアーカイブシリーズ、第3弾は『The Wall』だ。オリジナルが2枚組ということもあるものの、今回のパッケージは7枚組のヴォリュームになっている。

ディスク1と2は、オリジナルアルバムのリマスター盤。ディスク3と4は、2000年に単体リリースされたアールズコートのライブアルバム『Is There Anybody Out There』のリマスター盤。ディスク5と6はデモテイク集だが、ディスク5については、41曲収録ながら半分以上は1分以下という、言わば「断片」のかき集めだ。ディスク6の方は別ヴォーカルのフルコーラスなどで、まだちゃんと聴ける。

ディスク7は、DVDによる映像集。見覚えのある『Another Brick In The Wall (part 2)』のPVやアールズコートのライブの断片は、まずまず。ドキュメンタリー『Behind The Wall』は、日本語字幕つきだ。『狂気』のときはメンバー全員でアイディアを出し合って制作していたが、このときは完全にロジャー・ウォーターズ主導になっていたこと、リック・ライトがロジャーに解雇を言い渡されているが、両者の言い分は食い違っていることなど、が、当人たちの口から明かされる。アルバム制作だけでなく、ツアーについても触れられていた。画家でアニメ映像(ツアーで壁に映していたやつかな)を手がけた、ジェラルド・スカーフのインタビューもあって、フロイドのオファーとアイディアが、気に入っていた様子だった。

ディスク以外では、『狂気』『』のコレクターズボックスと同様に、豪華ブックレット、チケットやバックステージパスのレプリカなどが同梱。特製マフラーや特製コースターは、やはり使用できない。今回も特製ビー玉は入っていて、アルバムジャケットのウォール柄になっていた。

80年代以降は、ロジャーのソロによる表現と、デイヴ・ギルモアが率いるフロイド~ギルモアソロによる表現の、2種類のフロイドが並行稼働している。しかし両者とも、『The Wall』をクライマックスに配することが少なくない。ロジャーはアルバム全曲演奏を何度かおこない、ギルモアは『Comfortably Numb』から『Run Like Hell』へとつないでカタルシスを生み出している。本作は、フロイドにとっての、ひとつの到達点だったのではと思わせる。

関連記事

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『永遠 コレクターズボックス』

2014年にリリースされたアルバム『The Endless River』は、ピンク・フロイド

記事を読む

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『Live At Pompei』

1972年9月に劇場公開され、日本では「ヤング・ミュージック・ショウ」で放送された、ピンク・

記事を読む

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『Shine On』

ピンク・フロイドは、デビュー25執念記念で1992年に『Shine On』というボックスセッ

記事を読む

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『対 コレクターズボックス』

ピンク・フロイドのアーカイブシリーズ、第4弾はまさかの『The Division Bell』

記事を読む

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『炎 コレクターズボックス』

2011年からスタートした、ピンク・フロイドのアーカイブシリーズ。『狂気』に続く第2弾は、オ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑