*

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『狂気 コレクターズボックス』

公開日: : Pink Floyd

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『狂気 コレクターズボックス』

2011年からスタートした、ピンク・フロイドのアーカイブシリーズ。その第1弾は、バンドの代表作でありビルボードチャートに長年に渡りランクインし続けた『The Dark Side Of The Moon』。日本人にとっては、『狂気』の邦題の方が馴染みが深い。

パッケージは6枚組になっている。ディスク1は、本編のリマスター。ディスク2は、収録曲と曲順を同じくするライブ音源。ディスク3はDVDオーディオで、複数パターンのリマスター版が収録。ディスク4は、映像を収録したDVD。ディスク5はブルーレイで、ディスク3と4のDVDとほぼ同じ内容。ディスク6は、アラン・パーソンズによるミックス版と、未発表テイクやデモテイクだ。

ディスク2のライブは、1974年にウェンブリーで行われたライブで、今回が初出。個人的には、ディスク6の後半に聴き応えがあった。ヴォーカルのある曲のインストバージョンだったり、ピアノオンリーのシンプルなバージョンだったりと、完全主義バンドのフロイドの「途中」を垣間見た気がしたからだ。『The Hard Way』は日用品のみを使った演奏でアルバムを作ろうとした『Household Objects』の音源だが、結局このプロジェクトは頓挫している。

ブルーレイ収録の映像は、正直微妙。ライブ映像はわずか。ほかはイギリスやフランス、アメリカツアー映像と題されていたが、ライブシーンはあまりなく、イメージやPVをまとめた、言わばプロモ集になっていたからだ。

あとは2003年制作のドキュメンタリーで、メンバーやスタッフがアルバムに対する思いや、当時の状況についてコメントしている。しかし日本語字幕未対応で、ブックレットの対訳を見ながら映像を見るのだが、対訳はすべてのコメントに対応していない。一方で興味深かったのは、ヒプノシスのストーム・ソーガソンのインタビューが、フロイドの4人とほぼ対等に収録されていることだ。プリズムのジャケットを手がける元ねたとして、エジプトのピラミッドを撮影しに行ったとか、貴重な証言が聞けた。

ディスク以外では、豪華ブックレット、モノクロの写真集、チケットやバックステージパスのレプリカなどが同梱。特製マフラーや特製コースターは、使用できない。特製ビー玉は、これもアートなのか。

関連記事

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『Live At Pompei』

1972年9月に劇場公開され、日本では「ヤング・ミュージック・ショウ」で放送された、ピンク・

記事を読む

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『炎 コレクターズボックス』

2011年からスタートした、ピンク・フロイドのアーカイブシリーズ。『狂気』に続く第2弾は、オ

記事を読む

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『対 コレクターズボックス』

ピンク・フロイドのアーカイブシリーズ、第4弾はまさかの『The Division Bell』

記事を読む

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『ザ・ウォール コレクターズボックス』

ピンク・フロイドのアーカイブシリーズ、第3弾は『The Wall』だ。オリジナルが2枚組とい

記事を読む

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『永遠 コレクターズボックス』

2014年にリリースされたアルバム『The Endless River』は、ピンク・フロイド

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑