*

ヴィクトリア&アルバート博物館(2019年4月30日)

ヴィクトリア&アルバート博物館

今回の旅行で立ち寄るかどうか迷った博物館だが、結局行くことにした。決め手になったのは、前日の湖水地方ツアーでガイドさんからピーターラビットの原画が展示されていると聞いたからだった。

ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)は、ファッションや彫刻をはじめとする美術系の展示品が多く、物量では大英博物館にもひけをとらないと言われている。入場し閲覧するだけなら無料。マップも無料でもらえるが、気持ちとして寄付をした。フロアはレベル0から4までの5階建てになっていて、上の階に行くほどよりディープになっていく印象だ。

到着したのが15時過ぎ。開館は17時45分までなので、すべてを見るのが難しいことはわかっていた。なので、まずはレベル2のピーターラビットの原画を一通り見て、その後レベル0に降りてラファエロの巨大絵画、ファッションコレクション(パンクロックのファッションあり)を見た。合間にジュエリーや中世英国、アジア、ダビデ像のコーナーなどもさらっと見た。

ピーターラビット原画

ダビデ像

V&Aのことを知ったのは、2013年にデヴィッド・ボウイ大回顧展「・イズ」が開催されたからだ(この展示は2017年に日本でも開催された)。2017年にはピンク・フロイド大回顧展も開催されていて、つまりUKロックにも理解がある博物館だ。とすれば、現在でもロック関係の展示が何かしらあるはずだと思い、その場で調べた。レベル2の「シアターパフォーマンス」コーナーがそれに当たり、再びレベル2に。実は、最初に見たピーターラビット原画のすぐ横だった(汗)。

衣装ではマッドネスやデヴィッド・ボウイ、、コールドプレイのクリス・マーティンなど。ポスターは、ボブ・ディランやルー・リード、2011年ワイト島フェスティバルなど。カイリー・ミノーグの楽屋再現もあって、本人のサイン色紙も添えられていた。ココを見ずして去っていたら、後々悔やむところだった。

ジミー・ペイジの衣装

クリス・マーティン(コールドプレイ)の衣装

カイリー・ミノーグの楽屋再現

博物館名は、ヴィクトリア女王とその夫アルバートからつけられたそうだ。展示品もさることながら、建物そのものの外観や内装も美しい。いようと思えば1日中いられるところだ。

関連記事

ウエストミンスター寺院

ウエストミンスター寺院(2019年4月30日)

4年半前の旅行では、前を通って入場待ちの列の長さを見て断念し、外観を眺めるに留まったウエスト

記事を読む

スタンリー・キューブリック展@デザインミュージアム

スタンリー・キューブリック展@デザインミュージアム(2019年4月28日)

映画監督スタンリー・キューブリックの展示が、ワタシがロンドンに到着する1日前から開催されるこ

記事を読む

旧バターシー発電所

旧バターシー発電所:ピンク・フロイド『Animals』ジャケット写真の地(2019年4月30日)

ピンク・フロイドは、1977年にリリースしたアルバム『Animals』のジャケット撮影場所として、バ

記事を読む

ヴィヴィアン・ウエストウッド ワールズエンド

ヴィヴィアン・ウエストウッド ワールズエンド(2019年4月30日)

ウエストミンスター寺院を出た後、バスに30分ほど乗ってキングスロードまで行った。ワールズエンドに立ち

記事を読む

温室

キュー・ガーデンズ:世界遺産のイングリッシュ・ガーデン(2019年4月28日)

英国名物のひとつが、イングリッシュガーデン。今回は、世界遺産にも認定されているキュー・ガーデ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑