*

ガンダムフロントに行ってきた(2012年8月)

公開日: : 機動戦士ガンダム

ガンダムフロント

お台場に2012年4月にオープンしたショッピングモール、ダイバーシティ。その6階にある、ガンダムフロントに行ってきた。

場内は無料で入れるエリアと有料エリアとがあり、無料はガンプラ展示や各種グッズ売り場になっている。有料は、最初に10分強の映像を観るルートになっていて、入場時間は毎時10分、30分、50分と設定されている。

呼び出しの後少しゲート前で待つのだが、その間の注意事項を説明する映像にまずウケる。ナレーションがギレン・ザビで、内容は飲食禁止や走ることの禁止などだが、それがソロモン攻略戦でハンバーガーを食べるスレッガーや、テレビ版オープニングで走るアムロの映像などが引用されていて、笑った。

さて時間になり、ゲートから中に入る。ドーム型のスペースに通され、天井にガンダムの歴史を総括するようなCG映像が映し出される。ナレーションは、シャア・アズナブルの人(池田秀一)だった。映像は360度全面が使われ、前後左右で微妙にアングルが異なったり、全面を使ってひとつの映像が繰り広げられたりした。

映像の後、ブースに通される。ガンダムのバストアップやコアファイター(これらはひょっとして1/1だったのかな)、ア・バオア・クーのジオラマなどが展示され、後はキャラクターとの記念撮影ブース、今放送しているガンダムの資料、ガンダムワールドの年表、2年前に潮風公園に立っていた1/1ガンダムの設計図などもあった。

ガンダム

コアファイター

有料ブースの出口を出ると、無料でも入れるグッズ売り場に。Tシャツや雑貨類もあった。ガンプラを展示するショウウィンドウには、かつて自分が買って作ったものもあったが、あまりにもバリエーションが多かったことに驚かされた。

有料ブースは1000円だったのだが、観た内容からすると、ちょっと高いかなあというのが正直な気持ち。映像は結構見ごたえがあったが、その後が微妙だった。

関連記事

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) (3)

この作品があまたあるガンダム続編の中で秀でていると思うのは、作品単体としてのクオリティーが

記事を読む

大河原邦男展

大河原邦男展に行ってきた

上野の森美術館で開催されている、大河原邦男展に行ってきた。 まず、入り口脇にこの人が手

記事を読む

機動戦士ガンダムF91(1991年)

宇宙世紀0123年。クロスボーン・バンガード(CV)が地球連邦政府の打倒と貴族主義社会の実現

記事を読む

ガンダム、ダイバーシティに立つ

ガンダム、ダイバーシティに立つ(2012年8月)

かつては潮風公園に立っていたガンダムが、その後静岡のバンダイ工場を経て、2012年に再びお台

記事を読む

「全ガンダム大投票」を観た

BSで、先日5月5日に歴代ガンダムの投票とその結果発表を生放送でおこなっていた。今年は、ファ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑