*

キング・クリムゾン(King Crimson)『Radical Action To Unseat The Hold Of Monkey Mind』

公開日: : King Crimson

キング・クリムゾン(King Crimson)『Radical Action To Unseat The Hold Of Monkey Mind』

2015年12月に、実に12年ぶりとなる来日公演をおこなったキング・クリムゾン。その日本公演を軸とした2015年ツアーを集約したライヴアルバム+映像を観て、聴いた。

このときのクリムゾンは、当時歴代最大となる7人編成だった。
ロバート・フリップ(ギター)
メル・コリンズ(サックス)
トニー・レヴィン(ベース)
パット・マステロット(ドラム)
ギャヴィン・ハリソン(ドラム)
ビル・リーフリン(ドラム)
ジャッコ・ジャクスジク(ヴォーカル、ギター)

この編成以降のクリムゾンは、ライヴ演奏を主目的としスタジオレコーディングはまず行わないそうだ。ステージ上の演奏において新曲が生まれうる場合は、ライヴレコーディングの形で記録する。このアルバムタイトルにもなっている『Radical Action』は、まさにそれであると同時に、現在のクリムゾンの名刺的な位置づけになっている。

ワタシが持っている盤は、CD3枚組+DVD2枚組だ。まずはCDの方。1枚毎に、以下のようにテーマが定められていて、曲もそのテーマに沿って振り分けられている。

Disc 1, Mainly Metal
Disc 2, Easy Money Shots
Disc 3, Crimson Classics

1と3はまだイメージしやすいが、2の「Easy Money Shots」というくくりはピンと来なかった。どうやら、クリムゾンの中で比較的ブルージーな曲の集約らしい。個人的には1が圧巻。プログレバンドにカテゴライズされているクリムゾンだが、ワタシがクリムゾンに求めているのはこういう世界観だ。

2枚のDVDは、2015年12月の高松公演を中心にしたフルライヴだ(ぜんぶ高松じゃないのかな)。個人的にもオーチャードホールの公演に1度足を運んでいるので、ナマで受けた衝撃がよみがえってくる。そのときのワタシの座席は、ステージ向かって左、つまりパット・マステロットやメル・コリンズ側だった。映像は正面から7人全員を捉えたショットを中心とし、曲あるいはソロパートによって、各メンバーをクローズアップしている。

ロバート・フリップの指さばき、そしてジャッコ・ジャクスジクとの分担が明確に見てとれたのはありがたかった。ジャッコが『宮殿』のジャケットがプリントされたギターを使っていたのはわかっていたが、トニー・レヴィンがいくつか使いこなしていたベースのうち1本に『Three Of A Perfect Pair』のジャケットがプリントされていたのは気づかず、この映像ではじめて知った。もしかすると、ワタシが行った日には使わなかったのかも。

ステージには装飾らしい装飾はないが、ライティングによりブルーを基調としたイメージになっていた。それが『Starless』の後半インプロヴィゼーションに差しかかったときに赤いライティングに染まり、アルバムタイトルの『Red』にシンクロした演出だと思った。個人的には最も好きなクリムゾンの曲なので、これがセットリストの基本フォーマットとして組み込まれていることの喜びを、今一度噛み締めた。

質量共に全部乗せのようなてんこ盛りアイテムで、2015年の来日公演に足を運んだ人も、そうでないクリムゾンファンも、ぜひ手にしておくべき作品だと思う。

関連記事

キング・クリムゾン(King Crimson)『Red』40周年記念エディション

キング・クリムゾン(King Crimson)『Red』40周年記念エディション

キング・クリムゾンのアルバムが再発。正直、大御所アーティストのアルバムは紙ジャケだSHM-C

記事を読む

キング・クリムゾン(King Crimson)のライヴに急遽行くことに

現在来日中のキング・クリムゾン。公演が発表されたのは7月くらいだと思うが、そのときから先週ま

記事を読む

キング・クリムゾン(King Crimson)『Deja Vroom』

キング・クリムゾンはダブルトリオ期の95年に来日していて、中野サンプラザ公演がDVDとして9

記事を読む

ロバート・フリップ―キング・クリムゾンからギター・クラフトまで

宝島社から出版されている、ロバート・フリップの本を読んだ。著者はエリック・タムという人で、大

記事を読む

キング・クリムゾン(King Crimson)『Frame By Frame(紅伝説)』

キング・クリムゾンが、1991年に4枚組のボックスセットをリリースしていた。ワタシは、ほぼ発

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑