*

椎名林檎『LiVE (十五周年記念初回生産限定商品)』より『先攻エクスタシー』ドキュメントを観た

公開日: : 椎名林檎

椎名林檎『LiVE (十五周年記念初回生産限定商品)』

2013年、椎名林檎デビュー15周年を記念して、映像作品がブルーレイ化された。ワタシは全てをDVDで持っているのだが、今回全部入りのボックスを購入した。このボックスにしか同梱されない、そして公式発売としてはは初となる映像があったからだ。

その映像とは、『先攻エクスタシー』のドキュメント。林檎がファーストアルバム『無罪モラトリアム』をリリースし、そのツアーから渋谷クラブクアトロの公演をダイジェストで収録した映像だ。

映像は、スペースシャワーTVにて撮影・放送されたものらしいが、残念なことに収録時間は22分と短い。もともとこれしかなかったのか、それとも他の映像は使用に耐えうる出来ではなかったのだろうか。というわけで、収録も5曲にとどまっている。

当時20歳の林檎はまだ少女っぽさが残る風貌で、髪は結構ぼさぼさ。衣装は黒のスリップ姿で、つまりほぼ下着。今じゃ考えられないなあ。ベースはこの後長年に渡り彼女を支え続ける保護者的存在の亀田誠治だが、ここではモヒカンヘアーで、やんちゃな感じに見える。

林檎はデューセンバーグをかき鳴らし、巻き舌で歌う。マドンナ『Crazy For You』のカヴァーもあって、ああそういえば演ってたなあと思い出す。収録時間の短さの割にはMCはカットされず、キャラクターを演じているようで演じ切れない(それがよくもあったのだが)ところが垣間見れた。オーラス『同じ夜』は、おもちゃ?と思しきミニピアノの弾き語りだった。

この特典ディスクのためだけにボックスを買うことを人に薦めるかと言われれば、正直言って微妙だ。ただワタシ自身は、購入したことに後悔の念はない。なぜなら、あの日あのときあの場所に、ワタシもいたからだ。

ワタシは、ステージ向かって右の最前列にいた。公演日が99年4月だから、19年も前のことになる。この間、彼女にもワタシ自身にもいろいろなことがあったが、映像が始まったその瞬間、一瞬で脳内が当時にタイムスリップしてしまった。

関連記事

Flowers Of Romance image

Rock In Japan Fes.タイムテーブル発表

フジロックの翌週から2週に渡って開催される、ロック・イン・ジャパン・フェス。フジロックのタイムテーブ

記事を読む

Flowers Of Romance image

椎名林檎、Rock In Japan Fes.に出演

全くノーマークだったのだが、昨夜発表になったロック・イン・ジャパン・フェス(RIJF)出演アーティス

記事を読む

Ringo EXPO 08

椎名林檎『Ringo Expo 08』

椎名林檎がデビュー10周年公演をさいたまスーパーアリーナで行ったときの映像を観た。確か3日連

記事を読む

椎名林檎@さいたまスーパーアリーナ 2014年11月29日

椎名林檎@さいたまスーパーアリーナ 2014年11月29日

椎名林檎でさいたまアリーナというと、6年前のRINGO EXPO以来(もうそんなに経つか)。

記事を読む

椎名林檎@さいたまスーパーアリーナ(生)林檎博'18ー不惑の余裕ー 2018年11月24日

椎名林檎@さいたまスーパーアリーナ(生)林檎博’18ー不惑の余裕ー 2018年11月24日

いまだかつて、椎名林檎のライヴでこれほどまでにサプライズが起こりまくったことがあっただろうか

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑