*

スパイダーマン2(サム・ライミ版:2004年)

スパイダーマン2(サム・ライミ版:2004年)

人気アメコミヒーローの実写映画化第2作で、ストーリーは前作を引き継いでいるが、序盤は主人公ピーターの苦悩が中心になる。スパイダーマンとして世の悪と戦うのは自分しか知らない姿で、周りが知るピーターは、ピザ屋のバイトでヘマをし、大学の講義はサボりがち、金銭的にも苦しい状況で、写真を新聞社に売っても前借り分の返済に充てられ、家賃も滞納する姿だ。

まるで正義のヒーローとは程遠い青年で、その極めつけはメリージェーンの他の男性との結婚。そんなこんなで、一度はスパイダーマンをやめてしまう。そんなピーターの気持ちを変えたのは叔母の助言であり、火事の中を生身で子供を助けながらも、助けられなかった人がいたことを知ったときであり、そしてメリージェーンに訪れた危機だ。

今回の敵は、核融合の実験ミスから金属アームと同化した科学者で、通称ドクターオクトパス。前作の敵ゴブリン(ピーターの友人ハリーの父)はもろCG、もろ作り物で、違和感ありありだったのだが、今回はこのオクトパスをはじめCG技術は格段に向上し、それがスピード感と相俟って、作品を更に見応えあるものにしている。

そして、なんと言っても、ピーターを演じるトビー・マグワイアだろう。「いい奴だが頼りない」青年と、ヒーローとしての引き締まった肉体や正義感を併せ持ち、その狭間で苦悩する姿には、共感せずにはいられない。暴走する列車を必死に止めようとして気絶してしまう場面は、観ていて泣けてくる。

ピーターが、ラス前でキルスティン・ダンスト演じるメリージェーンに正体を明かしたのは、ハリウッド映画らしいなと思う。ドクター・オクトパスを演じるのはアルフレッド・モリーナで、今作の前年に「コーヒー&シガレッツ」に出演している。

関連記事

スパイダーマン3(サム・ライミ版:2007年)

ニューヨークの平和を守り、名誉市民として称えられるスパイダーマン。ピーター・パーカーは、ガー

記事を読む

スパイダーマン(サム・ライミ版:2002年)

原作は人気のアメリカンコミックであり、CGを駆使した映像美が評判を呼んだ。プラスして、200

記事を読む

アメイジング・スパイダーマン2(2014年)

犯罪者と戦うスパイダーマンはニューヨークのヒーローだが、ピーターはガールフレンドのグウェンに

記事を読む

ソニービルでアメイジング・スパイダーマン2のイベント実施(2014年5月)

銀座ソニービルの8階がOPUSというイベントスペースになっていて、「アメイジング・スパイダー

記事を読む

アメイジング・スパイダーマン(2012年)

ピーター・パーカーは幼少期に両親から叔父夫婦に預けられて育ち、両親は事故死。高校生になったピ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑