*

(実写映画)ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

公開日: : ジョジョの奇妙な冒険

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(実写映画)

原作は1987年以来30年以上に渡って連載され、現在は第8部に差し掛かっている「ジョジョの奇妙な冒険」。アニメも、この10月から第5部が始まっている。そして昨年、第4部の実写版が劇場公開されている。今回、自宅で観てみた。

マンガ原作の実写化については、イメージと違う、表現が陳腐化されたなどの批判がつきまとうが、この作品もそれらの批判から免れたとは言い難い。原作を知らなければもっとすんなり受け入れられるのかもしれないが、原作を読みアニメも観ている身としては、どうしても脳内で比較しながら観てしまうし、結局今作についての満足度は高くならなかった。

キャスティングは、山岸由花子の小松菜奈以外はハマっているとは思えなかった。山崎賢人はツッパリというよりお坊ちゃんのイメージがあって、リーゼントが似合わっていない。伊勢谷友介もダーティーなイメージが強いので、承太郎には合わない。神木くんの広瀬康一はまずまず。観月ありさの仗助の母は悪くはないが、この人こんなにセリフ棒読みだったっけ。

個人的に最も不満だったのは、ストーリー展開が遅すぎることだ。約2時間の枠において、出だしから片桐安十郎との対決までに半分の時間を費やしていて、遅い遅い。そこまでじっくり描くべきところだったのだろうか。最初の20分程度で安十郎や間田や小林玉美の辺りまでダイジェスト風にさっさとやってしまって、重ちーがやられて吉良の存在を匂わせるところで終わればよかったのに。ここでは、なんと虹村形兆を倒すのがキラー・クイーンで、エンドロールの合間に吉良をちらつかせている。こっちは逆にはしょりすぎだ。

虹村兄弟と父との関連性は原作通りだが、安十郎が父の暴力に耐えかねて父を含む家族を殺害するというプロットがあり、また仗助の祖父良平は仗助にとっては父代わりも同じで、つまり裏テーマとして「父と子」があるようだ。でも、そうしたのはなぜ?必然性ある?という疑問は拭えない。

さんざんダメ出しばかりしてきたが、スタンドバドルのCG描写のクォリティーがまずまず高かったのはよかった。

タイトルには「第一章」と付与されていて、評判もしくは興行成績が良好であれば続編を、とのことらしい。しかし、これ続編作られるかな?

関連記事

文化庁メディア芸術祭に「ジョジョリオン」(2014年2月)

六本木ヒルズから歩いて行ける国立新美術館にて、「文化庁メディア芸術祭」が開催されていた。

記事を読む

ルーブルNO.9

ルーブルNO.9

ジブリの大博覧会の隣で開催されていた、「ルーブルNO.9」も併せて観に行ってきた。 フ

記事を読む

ジョジョの奇妙な冒険 第3部:空条承太郎

舞台は第2部から50年後の1989年、つまり現代の雑誌連載時と同じ時間軸になり、そして主人公

記事を読む

ジョジョの奇妙な冒険 第8部:ジョジョリオン

現在月刊ウルトラジャンプ連載中のジョジョ最新作が、第8部「ジョジョリオン」だ。 舞台は

記事を読む

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」に行ってきた

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」に行ってきた

六本木ヒルズで「週刊少年ジャンプ展Vol.3」を観た後、徒歩10分弱のところにある国立新美術

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑