*

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」に行ってきた

公開日: : ジョジョの奇妙な冒険

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」に行ってきた

六本木ヒルズで「週刊少年ジャンプ展Vol.3」を観た後、徒歩10分弱のところにある国立新美術館で開催中の「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」にも行ってきた。

六本木ヒルズの向かいのローソンは、展示にリンクして期間限定で「OWSON」になっており、店内ではジョジョグッズやOWSONロゴ入りTシャツなどが販売されていた。

OWSON

新美術館のある乃木坂方面への歩道には、歴代ジョジョの幕が飾られていた。

空条承太郎ジョニィ・ジョースター

チケットは日時指定になっていたが、それでも入場まで少し並び、入場後も混雑していた。音声ガイドは荒木飛呂彦が自らが解説しているとのことだったが、このガイドを求める行列も結構伸びていたので、パス。

展示は、歴代ジョジョの紹介、各部でのラスボスの紹介、ジョジョ側および敵側の全スタンドの紹介、名勝負ピックアップ、スタンドをテーマにした約3分のCG映像など。正直、大混雑で原画を間近で観れる状況にはなかったので、後方から遠目に観るだけにした。現在連載中の第8部では、ラスボスを「岩人間」としていた。

撮影可能な巨大ポスターがいくつかあった。

ジョナサン&ウィル・A・ツェペリジョセフ、シーザー、リサリサ

チームブチャラティジャイロ&ジョニィ

定助&康穂承太郎&オリジナルスタンド

CG映像の次のブースが、荒木が今回の展示のために書き下ろした、歴代キャラクターたちを横並びに描いたボードだ。更には荒木自らがボードに描画しながら解説する映像も流していた。平面に描くマンガと立てかけたボードに描くことの違い、ボードの大きさによる絵の具の量の違いなどを、細かく話してくれた。

ジョジョ展は2012年六本木ヒルズ昨年の仙台に続いて3度目だった。展示の物量は今回が最大であり、圧巻だった。マンガ家の展示が新美術館で開催されるのは、手塚治虫以来だそうだ。確かに、ジョジョにはそれだけの価値があると、個人的には思っている。

しかしその反面、最もストレスを感じてしまったのが今回だった。チケットが日時指定になっているにもかかわらず、場内は激混みだった。はっきり言って詰め込みすぎだ。混雑を緩和し、ゆとりを持って閲覧してもらうための日時指定ではなかったのか。個人的にあまり興味はなかったが、グッズも大半が売り切れだった。

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」は、10月1日まで開催されています。別途、大阪での開催もされるとのこと。

関連記事

ジョジョの奇妙な冒険 第7部:スティール・ボール・ラン

19世紀後半、アメリカ大陸を横断するレース「スティール・ボール・ラン」が開催され、それぞれ腕

記事を読む

ジョジョ展(2012年11月)

ジョジョ展(2012年11月)

六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催されている、「ジョジョ展」に行ってきた。

記事を読む

東方仗助

「ジョジョ展 in S市杜王町」に行ってきた(3)マンホールを探せ!

今回のジョジョ展、仙台市の気合いの入りようがハンパない。下水道マンホールが、期間限定でジョジョのキャ

記事を読む

(実写映画)ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

原作は1987年以来30年以上に渡って連載され、現在は第8部に差し掛かっている「ジョジョの奇

記事を読む

ジョジョの奇妙な冒険 第2部:ジョセフ・ジョースター

第1部から50年後の1938年が舞台で、ジョナサンの孫ジョセフが主人公。現在は「戦闘潮流」と

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑