*

ベック(Beck)@サマーソニック’18

公開日: : 最終更新日:2018/08/20 Summer Sonic 2018 ,

ベック(Beck)@サマーソニック'18

セイント・ヴィンセントをフルで観た後に移動したので、マリンステージに着いたときは『Wow』の演奏中だった。銀ラメの入ったジャケットをまとったベックは神々しく、スタジアム映えしていた。ベックがサマソニに登場するのは、2001年以来だ。

ベックの向かって右には黒人ベーシスト、左には ギターのジェイソン・フォークナー。ジェイソン、紫のスーツ姿だ(ブルーかも)。後方がひな壇になっていて、向かって左にヒゲをたくわえたロジャー・ジョセフ・マニングJr.、中央に男1女2のコーラスやパーカッションやキーボードなどのトリオ「B53’s」、右奥に黒人ドラマーという編成。恐らく去年の武道館と変わっていないと思うが、性別や人種混成のバンドを見るにつけ、プリンスのザ・レボリューションを思い出す。

『Up All Night』のとき、ベックはゲストとしてDAOKOをステージに招き入れた。実は、この共演をワタシは読んでいた。2人はこの曲でコラボレートしていたのと、この日別のステージに彼女は出演していたからだ。がしかし、既に10曲以上も歌ってすっかりあったまっているベックと、いきなり入ってきた彼女とでは、あまりにも温度差がありすぎた。彼女にとっては、スタジアム規模のステージ経験があったかも微妙だし。彼女の歌はほぼ聴こえず、踊りも硬かった。

本編を『E-Pro』で締め、そしてアンコールはもちろん必殺の『Where It’s At』。演奏中にメンバー紹介にシフトするのは、ここ数年のこの人のライヴの定番だ。ジェイソンのときはローリング・ストーンズ『Miss You』を、ロジャーのときはニュー・オーダー『Blue Monday』を、B53’sのときはトーキング・ヘッズ『Once In A Lifetime』を、それぞれ短いフレーズで演奏していた。

これらを受けて、ベックはハーモニカを吹きつつ『One Foot In A Grave』を披露し、そして再び『Where It’s At』に戻っていくという構成だ。ベックは歌い終えるといち早くステージを後にし、バンドだけで少しの間演奏が続いた。やがてテンポがスローになり、演奏が終了するかしないかというときに、スタジアムの裏側から花火があがった。

ワタシのサマーソニック’18は、これにて終了。参加された皆さん、おつかれさまでした。

関連記事

シャーラタンズ、QOTSA、セイント・ヴィンセントらがサマソニ2018に

2月に入り、サマーソニックの出演アーティスト第2弾が公式サイトで発表された。個人的に嬉しいの

記事を読む

アーティストグッズ購入(マリンステージ)@サマーソニック'18

アーティストグッズ購入(マリンステージ)@サマーソニック’18

11時40分頃に入り、約10分程度で購入。一部アーティストのグッズは既に売り切れが出ている模

記事を読む

ソニックマニア’18(Sonicmania)スタート

30分ほど並び、20時の開場と共に入場。現在、グッズ売り場に並び中。公式サイトには「ペットボ

記事を読む

サマソニ'18初日スタート

サマーソニック2018(Summer Sonic)初日スタート

いい天気。そして、これまでの猛暑がウソのように涼しい。最高気温も30度までいかないとか。

記事を読む

セイント・ヴィンセント(St. Vincent)@サマーソニック'18

セイント・ヴィンセント(St. Vincent)@サマーソニック’18

観るのは去年のサマソニ深夜のホステス・クラブ・オールナイター以来で、そのときはアニー・クラー

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑