*

ナイン・インチ・ネイルズ(Nine Inch Nails)『And All That Could Have Been』CDとDVD

ナイン・インチ・ネイルズ(Nine Inch Nails)『And All That Could Have Been』CD

ナイン・インチ・ネイルズが2000年前後におこなった「The Fragile」ツアー。この模様が、ライヴCDとDVDでリリースされている。

まずはCD。通常盤と初回限定盤の2種類があって、ワタシが手にしたのは限定盤の方。コチラは、ボーナスディスク付きの2枚組になっている。通常盤と共通のディスク1は、2000年に行われたツアー各地の音源を選りすぐって編集されたライヴ。日本のファンにとっては、2000年1月の来日公演を思い起こさせる内容になっている。

しかし、ワタシがハマっているのはボーナスディスクの方。全9曲のうち既発の4曲はリミックスバージョンで、残る5曲はなんと新曲。どの曲も静かで淡々としていて、それでいて透明感に溢れている。『The Fragile』のディスク1のラストからディスク2へと繋がって行く部分を拡大したような音作りになっている。ハードでノイジーなサウンドがナイン・インチのパブリックイメージなら、この透明感はもうひとつの隠れた魅力になっているのだろう。

ナイン・インチ・ネイルズ(Nine Inch Nails)『And All That Could Have Been』DVD

続いてはDVD。「The Fragile」ツアーは2000年1月の日本公演やオーストラリアの野外フェスBIG DAY OUTを経て、4月からはアメリカを横断。トレントは計20箇所全てのライヴを撮影し、ツアー終了後に自ら編集したのだそうだ。ワタシは日本公演の初日を観たが、凄まじくかつ感動的なライヴだった。トレント自身も同じような手応えを掴んでいたようで、このライヴを形として残したかったのだろう。

DVDは2枚組になっていて、ディスク1はライヴ前半から中盤。ディスク2は後半から終わりまで、及びスナップ写真とおまけ(ライヴ中の映像を担当したスタッフによる解説)という具合。映像も音質も驚くほどにクリアで、そして臨場感に溢れている。

ライヴは単一の公演を通しで映したものではなく、各地の公演から選りすぐって編集。なので、曲の途中で衣装が変わっていることもしばしばだ(笑)。中盤の『La Mer』以降でのスクリーン映像は日本公演のときとは異なっていたが、曲順から、ライトの閃光から、そしてトレントの動きから、あの日あのときのことを思い起こさずにはいられない。

そして、ディスク2で『Head Like A Hole』の途中、カウンターが11分19秒になったところで「7」+「Enter」を押下すると、「Beneath The Surface」という隠しメニューを導き出すことができ、隠し映像が楽しめる。とりわけ圧巻なのはマジソンスクエアガーデンでのパフォーマンス映像で、『Starfuckers, Inc.』の途中でマリリン・マンソンが登場しトレントとデュエット。そして『The Beautiful People』へとなだれ込む。後に決裂してしまった2人だが、蜜月関係にあった時期を思い起こさせる共演だ。

関連記事

ナイン・インチ・ネイルズ(Nine Inch Nails)『Closure(DVD)』

その過激な内容ゆえか日本盤化は叶わず、海外盤も現在は入手困難な状態に。しかし、ナイン・インチ

記事を読む

ナイン・インチ・ネイルズ(Nine Inch Nails)『Beside You In Time(DVD)』

ナイン・インチ・ナイルズのDVD『Beside You In Time』を観た。アルバム『W

記事を読む

ナイン・インチ・ネイルズ(Nine Inch Nails)、フジロック’13への日々を収録したドキュメンタリー映像公開(2013年8月)

2013年、フジロックフェスティバルにて4年ぶりに活動再開し、その後各地のフェスティバルでヘ

記事を読む

CROSSBEAT Special Edition ナイン・インチ・ネイルズ(Nine Inch Nails)を読んだ

クロスビートのムック本シリーズで、8月にソニックマニア/サマーソニックで来日するナイン・イン

記事を読む

スーパーオーディオラウンジでナイン・インチ・ネイルズ(Nine Inch Nails)『The Downward Spiral』を聴いた(2006年3月)

2006年3月、銀座ソニービル8Fのソミドホールで行われた、スーパーオーディオラウンジというイベント

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑