*

ボブ・ディラン『30周年記念コンサート(DVD)』

ボブ・ディラン『30周年記念コンサート(DVD)』

1992年10月、ボブ・ディランの30周年記念コンサートがニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで開催された。ディランと共演経験のある、ディランをリスペクトする、ディランに影響を受けた、などのアーティストが多数集結し、ディランの曲を歌い演奏。映像はVHSパッケージでリリースされたが、権利関係ですぐさま廃盤に。それが、2014年になってDVDとしてリリースされた。

しかし、やはり権利関係なのか、全てのアーティストの演奏は収録されていない。何人かはカットされ、複数曲歌った人も1曲のみにされるなどの処理がされている。ただ、VHSのときにはカットされたシニード・オコーナーは、今回のDVDには収録されている。シニードがステージに立つと場内からはブーイングが起こり、彼女は予定していたディランの曲ではなく、ボブ・マーリーの『War』をアカペラで歌った。

シニードは公演の少し前に「サタデー・ナイト・ライブ」に出演。『War』をアカペラで歌うと、ローマ法王の写真をテレビカメラに向かって破り捨てた。それは自身の少女期の辛い体験と閉鎖的なローマ・カトリックの体質に対する抗議だったが、視聴者からは反発を買った。その余波だったのだ。ワタシは1992年年末にBSで放送されたのを観ていて、シニードの場面も観た。商品化に伴いカットされたのは大人の対応だなと思いつつ、DVDで復活したことの方にむしろ驚いている。

さてコンサート本編だが、終盤、、ザ・バンド、&ハートブレイカーズ、ロジャー・マッギンと、大物かつディランに近い人が次々に登場し、緊張感が高まってくる。そして、ついにディランが登場し『It’s Alright, Ma (I’m Only Bleeding)』を。この後は選ばれし大物たちとディランによる『My Back Pages』で、大物たちが歌いつなぐ度に場内からは歓声が起こった。全員での『Knockin’ on Heaven’s Door』はお祭りムードだが、締めくくりはディランひとりだけでの『Girl from the North Country』。お祭りで終わらせないのが、ディランらしい。

約40分の特典映像は、今回はじめて観た。リハーサル映像と出演者のインタビューだが、まあなんと豪華なことか。当時はまだ駆け出しのエディ・ヴェダーとマイク・マクレディ()は、ファンのように目を輝かせていた。ニール・ヤングがピアノを弾きながら歌った曲は、結局本番では歌われなかった。ルー・リードは、『The Bootleg Series』のことを目を輝かせながらインタビューで語っていた。ステージではそこからの『Foot Of Pride』を歌っていて、マニアックな選曲にディランを好き過ぎることの度合いの深さが伺えた。

ステージに立ったアーティストたちの中で、鬼籍に入ってしまった人は少なくない。ジョニー・キャッシュ、リッチー・ヘヴンス、、ジョージ・ハリスン、トム・ペティなど。ザ・バンドの中の何人か、そしてハウスバンドを務めたブッカー・T&MG’sの何人かもそうだろう。時の流れを感じる一方、ニール・ヤングやディランが未だに現役でいるのが誇らしくもある。

関連記事

ザ・ハリケーン(2000年)

実在した黒人ミドル級ボクサー、ルービン・カーターの伝記的作品で、日本でも公開された映画である

記事を読む

ボブ・ディラン(Bob Dylan)『ボス・エンズ・オブ・ザ・レインボー ー1978-1989 信仰と混迷の時代ー』

ボブ・ディランのドキュメンタリー映像シリーズVol.3で、取り扱う時代は1978年から198

記事を読む

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 (2014年)

1961年のニューヨーク、グリニッジビレッジ。ライヴハウスで歌うフォークシンガーのルーウィン

記事を読む

デイヴ・ヴァン・ロンク(Dave Van Ronk)

「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」の主人公ルーウィンには、デイヴ・ヴァン・ロンクというモ

記事を読む

現代思想 2010年5月臨時増刊号 総特集◎ボブ・ディラン

文藝誌ユリイカを出版している青土社は、「現代思想」という文芸誌も出版している。個人的にまず縁

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑