*

チャーチズ(Chvrches)@フジロック’18

公開日: : Fuji Rock Festival'18

チャーチズ(Chvrches)@フジロック'18

サポートのドラマーを加えて4人でのステージとなったチャーチズは、より一層力をつけてフジロックにやってきた。男性陣3人がみな黒の衣装で、対してローレンは白のスリーブレスシャツにドレス姿で、まるで天女のようだった。

ローレンのヴォーカルは透明感と明るさと力強さに溢れ、CDで聴くのとほとんど違わない感触だ。もしかして口パクなのではと勘ぐったくらい。目もとのメイクは彼女の表情を若干キツめにしているが、MCでフジロックに出たかったと言っているさまはチャーミングだった。ステージ上を右に左にと駆け回り、くるくる回り、と、パフォーマーとしての表現力も格段に向上していた。

エレクトロポップなサウンドは、とにかく心地いい。ヘヴィーな曲もあるがそれらは決してダークなトーンには陥らず、耳当たりのいい仕上がりになっている。これ、かなり奇跡的だと思う。

最前に詰めたオーディエンスが、日の丸にバンド名を記した横断幕を掲げていて、それがラストになるとローレンの手に渡っていた。彼女はドラムセットの前に掲げ、最後の曲を熱唱。歌い終えると、上がったテンションのまま袖の方に捌けていった。そうそう、「see you very soon」とも言っていたっけ。

ワタシのフジロック’18はチャーチズで終了。台風が来る中無事に開催されてよかったし、今年も楽しく過ごさせてもらった。今夜も宿泊し、月曜日に帰ります。

関連記事

チューン・ヤーズ(Tune Yards)@フジロック'18

チューン・ヤーズ(Tune Yards)@フジロック’18

結論から書くと、めっちゃカッコよかった。銀髪のおばさんメリル・ガーバスすごかった。 緻

記事を読む

VORB

HVOB@フジロック’18

レッドマーキー深夜の部最初のアクト。機材セッティングを、自分たちでやっていた様子。ドラム、プ

記事を読む

アンフェア・グラウンド(Unfair Ground)@フジロック'18

アンフェア・グラウンド(Unfair Ground)@フジロック’18

グラストンベリーから連れてきたという、今年限りのアトラクション。ワタシが覗いたときは、テント

記事を読む

ジョニー・マー@フジロック'18

ジョニー・マー(Johnny Marr)@フジロック’18

ソロ名義でコンスタントにアルバムをリリースするようになった、ジョニー・マー。ここでのライヴも

記事を読む

ベン・ハワード

ベン・ハワード(Ben Howard)@フジロック’18

フィールド・オブ・ヘヴンで、予定より10分遅れて登場。バンド編成でウッドベースやストリングス

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑