*

上野動物園でシャンシャンを見た

公開日: : 遊園地・アトラクション

上野動物園

先日、上野動物園に行ってきた。メインのお目当ては、昨年誕生し6月12日に満1歳を迎えたばかりの、ジャイアント・パンダのシャンシャンだ。混雑整理のため、それまでは整理券配布方式だったが、6月からは並んだ順に見られるようになっていた。

シャンシャンの待ち時間のみ尋常ではないことになっていて、ネットで調べた結果ウイークデーの朝イチを狙った。開園は9時30分だが、9時到着を目指し、結果8時40分に表門に到着。年間パスポートなど既に入園チケットを持っている人の列と、その場でチケットを買って入場する列とで分かれてて、ワタシは後者の方に並んだ。そして9時30分にチケットを買って入場し、シャンシャン待ちの列へ。そして約40分後に、本物を見ることができた。開園と同時に入場するかしないかが結構ポイントで、10時入場だと80分待ちになっていた。

話題はシャンシャンに集中しているが、最初に見れるのはお母さんパンダのシンシンだ。しかし、広い檻の奥の方にいて、あまりよく見れなかった。そして、次の檻がいよいよシャンシャン。いちばん手前の木に登っていて、まるで自分目当てで客が来るのをわかっているかのようだった。もふもふ感が見ているだけで伝わってきて、まるでぬいぐるみのようだ。木の上で体勢を変えようとする仕草が、またかわいい。これだけかわいければ、話題になって当然だ。写真をたくさん撮ったのだが、ことごとく失敗していた(汗)。次の檻には、お父さんパンダのリーリーがいた。

シャンシャンを見終えて満たされてしまったが(笑)、せっかくなので他の動物も見てまわった。動物園は東園と西園から成り立っていて、東園ではカワウソ、コウモリ、クマ、ゾウ、サルなどを見た。そして、モノレールで西園に移動。キリン、カバ、ペンギン、フラミンゴ、カメ、ワニなどを見た。イモリやヤモリなどの小動物もいた。アイアイは、アジアで見られるのは上野動物園だけだそうだ。

とても楽しめたが、当日はとても暑かった。帽子を被り適度に水分も摂り、と、対策はとったつもりだったが、帰宅後ぐったりしてしまった。暑いのは動物たちも同じだったようで、日陰や水中にとどまる動物も少なくなかった(その水もぬるそうだった)。動物園に行く季節は、いつがベストだろう?

関連記事

東山動植物園に行ってきた

先週末の名古屋遠征、メインは椎名林檎のライヴだったが、せっかくなので観光もしてきた。東山動植

記事を読む

VR ZONE SHINJUKU

VR Zone Shinjukuに行ってきた

新宿歌舞伎町にるアトラクションスポット、VR Zone Shinjukuに行ってきた。VR(

記事を読む

上野動物園に行ってきた

ジャイアントパンダのシャンシャンは、いずれは中国に返還されるのだそうだ。上野動物園には2年前

記事を読む

野毛山動物園

野毛山動物園に行ってきた

正月を利用して、横浜市内にある野毛山動物園に行ってきた。なんと、入場無料の動物園だ。

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑