*

パブリック・イメージ・リミテッド(Public Image Limited)『PiL日本’83』

公開日: : Public Image Limited(PiL)

パブリック・イメージ・リミテッド(Public Image Limited)『PiL日本’83』

パブリック・イメージ・リミテッド(PiL)は、1983年に初来日行公演を行っている。そのときの模様がライヴアルバムとライヴビデオ(VHS)としてリリースされている。VHSは後に廃盤となったが、2001年にDVDとしてリリースされた(しかし、現在はこちらも廃盤?)。

単一の公演を収めたものではなく、東京中野サンプラザのほか大阪、京都、そしてなぜかロサンゼルスの公演もあり、これらがミックスされてひとつの公演のように仕上げている。メンバーの衣装や客層などは、当然バラバラだ。このときのPiLはキース・レヴィンもジャー・ウォブルも脱退していて、オリジナルメンバーはジョン・ライドンとドラムのマーティン・アトキンスのみ。つまり、ジョンのソロ・プロジェクト化が始まった時期になる。

アルバム『Flowers Of Romance』に伴うツアーのはずだが、セットリスト的にはむしろこの翌年にリリースされる『This Is What You Want』からの曲を先行披露している印象の方が強い。このときのジョンはまだ細身で、体の動きにキレがある。そして、自由というかリラックスしているというか、楽しくやれているように見える。終盤にセックス・ピストルズの『Anarchy In The UK』を演奏しているのだが、当時このライヴを体験した音楽評論家によるライナーノーツによると、まさかまさかのピストルズだったらしい。

ライヴ映像の合間には、秋葉原の電気街に繰り出していたり、京都のお寺を観光していたりする様子が挿入されている。そして、なによりジャケット写真だ。新宿東口の丸井やカメラのさくらやをバックに立つジョン。これらが、時間を経た今となっては、当時の世相を収めた貴重な記録のように思えてしまう。また、ステージではないアフターパーティーのようなところでファン?にもみくちゃにされたり、新宿駅構内で通勤客に囲まれたりと、今では考えられないような撮影風景もある。

惜しむらくは、収録時間が42分と短いことだ。当然フルライヴではなく、演奏曲も少なめになっている。VHSパッケージで商品化するための、販売価格などを考慮してのことだったのだろうか。いや、そうした不満を差し引いても、充分おつりが来る映像作品だ。

関連記事

パブリック・イメージ・リミテッド(Public Image Limited,PiL)『Addictive』

パブリック・イメージ・リミテッドのライヴDVD『Addictive(輸入盤)』を観た。パッケ

記事を読む

パブリック・イメージ・リミテッド(Public Image Limited,PiL)

パブリック・イメージ・リミテッド(Public Image Ltd,PiL)@EX-Theater

今年はパブリック・イメージ・リミテッド(以下PiL)デビュー40周年だそうで、もうすぐキャリ

記事を読む

パブリック・イメージ・リミテッド(Public Image Limited)『This Is PiL』

2012年、実に20年ぶりとなるオリジナルアルバム『This Is PiL』をリリースした、

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑