*

「Pen+ マーベル最新案内」を読んだ

「Pen+ マーベル最新案内」を読んだ

penという、ファッションやアート、音楽などのカルチャーをテーマとする雑誌があって、その増刊でマーベル作品を特集した号が、去年1月に出版されていた。

長年マーベル・コミックの編集に携わり、現在は名誉会長のスタン・リー(現在95歳!)のインタビューと半生の紹介が、巻頭の特集だ。続いて各ヒーローの原作での描かれ方の紹介を経て、いよいよ映画のマーベル・シネマティック・ユニバースへ。ここの充実度が素晴らしい。

アベンジャーズ」結成までの年表が面白かった。時系列で最も古いのが、「マイティ・ソー」でのソーの父オーディンの頃の出来事で、それから数世紀を経て第二次世界大戦を舞台にした「キャプテン・アメリカ」へ。この辺りは、なんとなく知っていた。が、「アイアンマン2」「インクレディブル・ハルク」「マイティ・ソー」が時間軸的にほぼ同時並行で起こっていて、それが一週間足らずという限られた期間だったのにはびっくりした。

一連の映像作品をすべて紹介しつつ、この時点ではまだ公開前の作品群にまで触れているのはすごい。更には、これから公開予定の「アントマン&ワスプ」「アベンジャーズ4」までもだ。6つのインフィニティ・ストーンについての解説もあって、「インフィニティ・ウォー」を観た後では読んでよくわかるが、果たして去年の1月に読んでいたらピンと来ていただろうか。

スピンオフのドラマまでフォローしているのも嬉しい。「エージェント・オブ・シールド」「エージェント・カーター」は個人的に観ているのだが、特に「シールド」の、ネタバレをうまく避けた解説やメンバーのショットには読んでいてニヤニヤしてしまう。また、ネットフリックスにもスピンオフドラマがあることを、コレを読んではじめて知った。

マーベル特集ということで、かつてはソニー・ピクチャーズ傘下だったスパイダーマンや、フォックス傘下のX-メンシリーズなど、他のヒーローについても言及している。マーベル・コミック出版に携わる人たちのコメントも、なかなか興味深い。

去年1月というと、「ドクター・ストレンジ」の公開を間近に控えていたので、ベネディクト・カンバーバッチのインタビューをはじめこの作品がフィーチャーされているのは、ある意味当然。だが、1年以上経った今読んでも、マーベル作品全体について知るのには充分と言える内容だ。

関連記事

アイアンマン2(2010年)

前作のラストで自らがアイアンマンであることを公表した、トニー・スターク。政府からのアイアンマ

記事を読む

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011年)

第二次大戦中の1942年。ナチスのヨハン・シュミットは、強大なエネルギーを持つキューブを発見

記事を読む

エージェント・カーター

「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」の、そしてマーベル・シネマティック・ユ

記事を読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(ネタバレ注意)

まさかのバッドエンド。続編「アベンジャーズ4」の制作・公開が決まっているとはいえ、ここまでや

記事を読む

インクレディブル・ハルク(2008)

アメリカ軍の兵士強化研究において、自らの体を実験台にしていた、科学者ブルース。心拍数が上昇す

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑